ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「dカードGOLD」年会費の元をとるのが難しい件

大手携帯電話会社で、クレジットカードにもっとも力を入れているのがNTTドコモです。なかでも、ゴールドカードの「dカードGOLD」はドコモ回線の利用についてポイントが10倍という太っ腹なサービスで人気を集めています。しかし、このポイント10倍は、普通にスマホを使う限り元をとるのが難しいのです。


「dカードGOLD」年会費の元をとるのが難しい件

dカードGOLDの年会費は1万1000円

「dカードGOLD」はNTTドコモが発行するクレジットカードのひとつ。年会費1万1000円で、VISAと提携したゴールドカードのため、空港宅配サービスなど旅行に役立つサービスも充実しています。とはいえ、dカードGOLD最大のメリットはNTTドコモ回線の利用について通常の10倍ポイントが貯まることでしょう。

dカードGOLDのポイントは、同じくNTTドコモが行っているポイントサービス「dポイント」として貯まる仕組みです。dポイントは、通常はNTTドコモ回線の利用分について1000円あたり10ポイントで貯まり、1円=1ポイントとして利用可能。これがdカードGOLDになると1000円あたり100ポイントにアップします。

年会費1万1000円を考えると、dカードGOLDは月1万円以上NTTドコモ回線を利用すれば1000ポイント以上貯まるということ。12か月で1万2000ポイントになる計算になるので年会費の元がとれそうです。しかし「月1万円以上NTTドコモ回線を利用する」というのは、実はかなりハードルが高いのでした。

dカードGOLDのポイントアップ対象

毎月1万円の利用が難しい理由は、dポイントの対象になるのは消費税を抜いた料金かつ1000円未満が切り捨てになるためです。つまり、実際に支払う金額が毎月1万1000円以上必要で、この金額はNTTドコモのスマホ1台を利用しているだけではなかなか達成することができません。

例えば、ネットが月60GBまでフルスピードで使える「ギガホ」を6980円(税抜)で契約し、国内通話がかけ放題になる「かけ放題」を1700円(税抜)で追加すると合計で8680円。この場合、毎月貯まるdポイントは800ポイントとなり、1年継続しても9600ポイントで1万1000円に届きません。

dカードGOLDのポイントアップは、「ドコモ光」やスポーツ配信サイト「DAZN」などNTTドコモ提供のコンテンツサービスにも適用されるため、NTTドコモのヘビーユーザーであれば毎月9000円以上に達することも可能です。しかし、ライトユーザーでは年会費の元をとるのは難しいといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事