ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「Office Online」はどこまで無料で使えるか?

「Microsoft Office」は仕事の必須ツールですが、数万円と高額なのがネック。互換ソフトの性能がアップしているとはいえ、細かな使い勝手が異なるため、純正Officeが使えるに越したことはありません。そこで活用したいのが、Web上で利用できる「Office Online」です。Microsoftが提供しているサービスで、WordやExcelの基本機能を無料で使えます。


「Office Online」はどこまで無料で使えるか?

Office Onlineはスマホでも利用可能

「Office Online」はWeb上でMicrosoftが提供しているオンラインサービス。WordやExcelの基本機能を無料でひと通り使えます。タブレットやスマホでも利用可能。PCとのファイル共有もできます。

「Word Online」には、Wordの一般的な機能が搭載されており、リポートや契約書などを問題なく作成できます。複雑なレイアウトは崩れてしまうことがありますが、フツーに使う分には十分でしょう。

「Excel Online」は、グラフ作成やピボットテーブルといったExcelでよく使用される機能にはひと通り対応。最新の関数も使えるので、有料版で作ったシートも崩さずに表示できます。2020年にOffice365ユーザー向けに追加された「XLOOKUP」にも対応。最新関数を使った集計も可能です。

Office Onlineでプレゼン資料の発表

無料版でも集計やグラフの描画はバッチリ。有料版をインストールしていない自宅PCでも、会社PCと同じクオリティで見積書やシフト表を作成できるでしょう。

「PowerPoint Online」は、プレゼン資料の作成と発表の両方に対応。有料版と同様にさまざまなアニメーション効果を加えることができ、パワポの特徴である動きのある凝った資料を作れます。

加えられるアニメーション効果の種類は多彩。アピールやライズアップなどを使って動きを加え、強調したい箇所を印象付けられます。ソフト側が最適なデザインを提案してくれる「デザイナー機能」を搭載。ペン書きなどのエフェクトも、追加で乗せられます。

■「無料ソフト」おすすめ記事
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ

■「Windows10」おすすめ記事
動画を合法で保存できるWindows10の「神」機能
Windows10のログイン画面をスキップする方法
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要
Windows10の電卓に「履歴」があるの知ってた?
Windows10視覚効果を削って高速化する便利機能
Windows10デスクトップに便利なアイコンを追加
動画キャプチャはWindows10標準機能が便利
「Zoom」をホストに内緒でこっそり録画する方法
Windows10標準機能「クリップボード履歴」使い方
Windows10の隠しコマンド「神モード」とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事