ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新版「NHK受信料」支払率が最悪の県はどこ?

NHKへ受信料を支払う世帯は増加が続き、2018年度末にはついに80%を超えました。ところが、2020年度末には一転してNHK受信料の支払いが前年度を下回るとNHKが発表。NHKでは、都道府県別の受信料支払い状況についても発表していますが、NHK受信料支払率が最も悪かった都道府県はどこなのでしょうか。


最新版「NHK受信料」支払率が最悪の県はどこ?

NHK受信料支払率を毎年度末に発表

NHKは、毎年度末の受信料支払い状況について「推計世帯支払率」という統計を発表しています。推計世帯支払率は、NHK自身が持つ受信料支払件数を元に、「国勢調査」「日本の世帯数の将来推計」などの統計からNHK受信契約が必要な世帯数を推計し、どれだけの割合でNHK受信料が支払われているかを計算したものです。

2021年6月に発表された2020年度末の推計世帯支払率は80.3%で、2019年度末と比べて1.5%減りました。これは、国内の世帯数増にNHKの受信料支払件数が追い付かないという状況ではなく、NHK受信料支払件数が落ち込んでいることが要因です。

NHK側から見ると困ったことに、NHK受信料の支払件数の落ち込みは全国的で、2019年度末から2020年度末にかけて推計世帯支払率が増えた都道府県は1つもありません。そうしたなか、推計世帯支払率の落ち込みが一番少なかったのは奈良県で、2020年末は82.7%の0.1%減にとどまりました。

沖縄県のNHK受信料支払率は半分以下

一方、NHK受信料の推計世帯支払率が80%を下回る都道府県は7つあり、京都府と兵庫県が78.0%、福岡県76.3%、北海道72.4%とここまでが70%台。ワースト3が東京都の67.7%、ワースト2が大阪府の66.8%と日本の2大都市を含む都府が推計世帯支払率60%台にとどまっています。

そして、推計世帯支払率がダントツに低いのが沖縄県で49.8%と半数以下。これは、沖縄県はテレビ放送開始時に米軍統治下でNHKのテレビ放送が受信できず、1972年に日本へ施政権が返還してからNHK受信契約の対象となったといった特殊事情から、NHK受信契約を結ぶ世帯が少ないことが理由です。

それでも、沖縄県の推計世帯支払率は年々上昇を続けていて、2019年度末には51.8%と半数を上回っていました。しかし、2020年度末の沖縄県における推計世帯支払率の落ち込みは大きく、減少幅は東京都・宮崎県の2.1ポイント減に続く2.0ポイントとなっています。

■「NHK受信料」おすすめ記事
カーナビはNHK受信料を払う義務がある?ない?
引越しを機にNHK受信料の支払いはやめられる?
NHK受信料裁判に勝利した受信フィルターの中身
NHK受信料を「家族割引」で半額にする方法とは
NHK受信料の延滞利息はえげつないほど高かった
NHK受信料未払いに「罰則規定がない」の意味は?

■「NHK」おすすめ記事
NHKの受信契約を解約できる条件と手続き方法
BS再編で行われた「イラネッチケー潰し」とは
NHK集金人が拒否しても何度も訪問してくる理由
NHKで一番給料をもらっている人の年収いくら?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事