ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレジットカード「家族カード」のメリットは?

クレジットカードには、通常のカードとは別に「家族カード」を追加できるものがあります。家族カードは、利用代金の請求が本会員へまとめて届くため、自由に使いづらいと敬遠する人も多いかもしれません。しかし、うまく家族カードを活用することで、家族別々にカードを作る以上のメリットもあるのです。


クレジットカード「家族カード」のメリットは?

家族カードは18歳以上の家族が対象

クレジットカードの「家族カード」は、カード本会員と生計を同じにする配偶者や両親・18歳以上の子ども(高校生を除く)へ発行されるもので、家族カードの利用分については本会員が指定した決済口座からまとめて引き落とされます。

家族カードは、「銀行系」と呼ばれる金融機関子会社が発行するカードの審査が厳しかった時代、フルタイムで働く人の家族の信用を元に、専業主婦やパート・学生といった収入が少ない人が発行するケースが多かったといわれます。

現在はクレジットカードの種類が増え、かつてと違い専業主婦やパート・学生であっても発行可能なカードも数多く存在。家族カードをわざわざ発行するメリットは薄いのでは…と考える人も多いでしょう。しかし、実は家族カードの発行でお得になるケースはいまだに少なくないのです。

家族カードなら年会費を節約できる

家族カードのメリットのひとつに、家族の利用すべてについてポイントが合算できるということがあります。例えば、共働きで生活費は折半といった夫婦の場合、食料品などの生活必需品の購入に家族カードを利用すれば、どちらが買い物をしてもポイントを集中させることができます。

また、ゴールドカードやプラチナカードといった上級カードの多くは、家族カード発行手数料は無料となっています。こうした上級カードを夫婦などで複数所有する場合、本会員のカードブランドを別々にすることで、年会費を半分に節約することができるのです。

例えば、アメリカン・エキスプレス・プラチナカードは年会費14万3000円、三井住友プラチナカードは5万5000円と高額。しかし、夫婦でいずれかの本会員となり家族カードを1枚追加発行をすることで、19万8000円で両方のカードを夫婦両方で利用できるようになるのです。

なお、家族カードの利用限度額については本会員の利用分とあわせて集計され、合計で本会員の利用限度額までとなります。また、レストラン・ホテル・空港ラウンジなど特典を含め、家族カードの利用方法は本会員同様となるのが基本ですが、キャッシングなど一部機能に利用制限があるカードもあるため注意が必要です。

■「クレジットカード」おすすめ記事
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
クレカ審査がない「ETCパーソナルカード」とは
ドコモユーザーなら活用したい「ETCカード」とは
ドコモのゴールド「dカードGOLD」が超お得な件
ホテル好きなら1枚は持っているクレジットカード
ダークウェブで売買されるクレジットカードとは
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
年会費の元が取れるプラチナカードの特典とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事