ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

乾電池はマンガンよりアルカリが液漏れしやすい

乾電池を使っていて困るのが「液漏れ」です。放っておいたリモコンの電池ケースを開けたら乾電池が液漏れしていた…という経験がある人も多いでしょう。アルカリ性の液体は放っておくと電子回路を痛める原因になります。そこで、乾電池の液漏れを防ぐ簡単な方法と、万が一漏れてしまったとき対応策を紹介します。


乾電池はマンガンよりアルカリが液漏れしやすい

乾電池の液漏れの原因は電圧の違い

乾電池の「液漏れ」とは、電池に本来とは逆向きに電流が流されることで酸性ガスが発生。そのガスが電池の電極を腐食した結果、中の液体が漏れ出す現象です。

乾電池が液漏れする最大の原因は、電圧(起電力)が違う電池をつなぐことにあります。乾電池の電圧はどれも1.5Vとなっていますが、電池は使い続けるうちに電圧が少しずつ下がるもの。ここで、使いかけの電池と新品を一緒に使うと液漏れが起きやすくなるのです。

また、液漏れしやすい乾電池の種類もあります。乾電池にはマンガン電池とアルカリ電池がありますが、アルカリ電池の方が液漏れを起こしやすいのです。これは、アルカリ電池が電圧差に敏感なことと、大電流でも長く使い続けられることが関係しています。

それでは、液漏れを防ぐにはどうすればいいのでしょうか。まず、大電流が必要でなければマンガン電池を選ぶことです。そして、アルカリ電池を使用するなら寿命ギリギリまで使おうとせず、早めに電池交換をするようにします。

乾電池の液漏れをきれいに拭き取る

また、乾電池ではなく充電式のニッケル水素電池を使うというのも手です。元々電圧が1.2Vと乾電池より低くなりますが、リモコンなどは十分に動作します。なお、ニッケル水素電池の場合、高容量タイプではなくパナソニックの「エネループ」など電圧降下が少ない低容量タイプがおすすめです。

万が一、乾電池が液漏れを起こしてしまったときは、なるべく早くていねいに拭き取ることが肝心です。といっても、電池ボックスは狭く部品も小さいので、ティッシュペーパーだけでは簡単に拭き取れません。

そこで便利なのが、100均ショップで売られているネイルアート用のマイクロファイバーブラシです。先が細いこのブラシに、メガネ用のレンズクリーナーを付けて拭けば、漏れた液体をきれいに拭き取ることができます。

メガネ用でなくても、エタノールが主成分のクリーニング液であればOK。ただし、ネイルアート除去に使うアセトンや、ジェルネイル落とし用のジエチルエーテルを使うと電子部品を傷めるので注意しましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事