ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

3千円以下で買えるドラレコでも基本機能は充実

交通トラブルに備えて用意しておきたいドラレコ。今やネットで探せば、5千円でお釣りがくる超激安製品が大量に見つかります。ここでは、中でも低価格の3千円以下のドラコレをピックアップしました。実際に使ってみると、ややクセはあるものの基本機能は充実。録画した画質も問題ありません。


スポンサーリンク
3千円以下で買えるドラレコでも基本機能は充実

オールプラスチックの軽量ドラレコ

「Vehicle Blackbox DVR」は実勢価格が2,880円のドラレコです。オールプラスチックで小型軽量、ボタン操作の反応も鈍く、カードフォーマットでは「瞬間すみません」という表示が出て不安になります。

小さめのモニターのドットも粗めで、性能は大丈夫かと思いきや意外や意外。しっかり録画され、画質も悪くありません。夜間は露出補正しないと暗いもの、ノイズは少なめで、接近すればナンバーも読み取れるレベルです。

この価格で、駐車監視や動体検知など主な機能はすべて搭載。HDMI接続で動画をテレビでも確認できます。解像度/フレームレートは1920×1080ドット/30fps。衝撃センサー(感度は3段階)でファイルを保護します。

動画保存形式はAVI、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。サイズ/重さは67W×70H×33Dmm/約50gとなっています。

薄くてスタイリッシュなドラレコ

実勢価格が2,990円のドラレコ「DR.J」は、薄くてスタイリッシュな分、バッテリーは無いにも等しく、絶えず給電が必要になります。動体検知で無駄な録画を抑えるのがポイントです。

G-Sensor(衝撃センサー)は3段階から選べる設計。検知度はファイルの保護に関わります。3インチのモニターは十分に見やすく、取扱説明書・メニュー画面の日本語も比較的安心して読めます。

フルHDで昼間の撮影は全く問題なし。本体が熱くなりやすいので、動体検知オンは必須でしょう。昼間の画質は鮮明ですが、夜間だとムラがあり多少ノイズの増減があります。

解像度/フレームレートは1920×1080ドット/30fpsで、画角は140度。動画保存形式はMJPEG/AVIで、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)です。サイズ/重さは89W×51H×28Dmm/約49gとなっています。

■「ドラレコ」おすすめ記事
ドライブレコーダーおすすめは「DrivePro200」
6千円で買うミラー型ドライブレコーダーの実力
1万円以下で買える超小型のドライブレコーダー
1万円ちょいで買える高画質ドライブレコーダー
トランセンドDrivePro200は高画質ドラレコ
バイク専用の前後撮影ドラレコが1万円ちょっと

■「ドラレコアプリ」おすすめ記事
ドライブレコーダーはアプリ+広角レンズで代用
ドライブレコーダーアプリで不測の事態に備える
無料で使える地図連動ドライブレコーダーアプリ
ドライブレコーダーアプリに古いスマホを再利用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事