ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ホンダ・フィットのメンテナンスモードの入り方

多くの家電に、サービスマンが検査・修理用に使う隠しコマンドが用意されています。実は車も例外ではありません。ホンダ・フィットは隠しコマンドによってメンテナンスモードへ入ることが可能。EVモードキャンセルでエンジン始動ができたり、アシスト機能の簡易点検などが行えたりするのです。


スポンサーリンク
ホンダ・フィットのメンテナンスモードの入り方

メンテナンスモードの隠しコマンド

ホンダ・フィット3代目となる現行モデル「FIT3」は、隠しコマンドで切り替わるメンテナンスモードに入ることができます。

メンテナンスモードでは、車検時の排ガスやマフラー音量検査などに使用する強制エンジンモードが選択できたり、横滑り防止用のVSAシステムや坂道発進時のアシスト機能の簡易点検などが自分で行えるようになります。

ホンダ・フィットの隠しコマンドは、まずセレクトを「P」にしてサイドブレーキをかけます。そして、パワーボタンを2回プッシュしたら、次の作業を60秒以内に行うのです。

まずはアクセルペダルを2回ベタ踏みしたら、ブレーキを踏んでシフトを「N」へ変更します。ブレーキを離してアクセルペダルを2回ベタ踏みしたら、今度はブレーキを踏んでシフトを「P」へ変更。そして、ブレーキを離してアクセルペダルを2回ベタ踏みするのです。

メンテナンスモードで機能の点検

隠しコマンドでメンテナンスモードに入ると、マルチインフォメーションディスプレイに「Maintenance Mode」の文字が表示。なお、メンテナンスモードを終了させるには、POWERスイッチをOFFモードにします。エンジンが停止して、メンテナンスモードがキャンセルされるはずです。

フィットは通常始動であれば、バッテリーから駆動輪へトルクがかかっています。バッテリー残量が減れば、エンジンからバッテリーへ電力が供給される仕組みです。これがメンテナンスモードのインフォメーション画面では、エンジンから駆動輪へトルクがかかっている表示。メンテナンスモードではバッテリーに充電されません。

登り坂でフットブレーキから足を外しても、ブレーキ圧維持を行うのがヒルスタートアシスト。正常に動作していれば、坂道発進も安心です。このヒルスタートアシスト機能の点検もメンテナンスモードで行えます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事