ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC割引で迂回しても料金が上がらない仕組みとは

10連休も終わり、東京の都心には渋滞の季節が戻って来ました。渋滞のなかでも腹立たしいのは高速道路で起きるもの。そんなときは、さっさと迂回ルートで回避してしまいましょう。実は、東京の高速道路には、ETC割引きで迂回しても料金が上がらない仕組みがあるのです。


ETC割引で迂回しても料金が上がらない仕組みとは

ETC割引で圏央道経由でも同じ料金

東京の高速道路のなかでも有数の渋滞スポットとなっているのが、首都高速都心環状線です。もともと交通量が多い上、複雑な構造から事故も発生しやすく、あっという間にほぼ全線が事故渋滞といったことも珍しくありません。

とはいえ、東名高速方面から東北道方面に抜けるといった場合、都心環状線を通るのが最短ルート。そこで、通行料金のことを考えて、渋滞を我慢して都心環状線ルートを走っている人も多いはず。実は、この我慢は無駄なのです。

首都高速道路とNEXCO2社では、圏央道や外環道を使い首都高速の都心部を迂回した場合、ETC限定で首都高速ルートより通行料金が高くても都心ルートと同じ料金にするサービスを行っています。これは、圏央道の大部分が開通した2016年4月からスタートしました。

ETC割引は首都高速ルートで計算する

例えば、東名高速の御殿場ICから常磐道の水戸ICまで走る場合、首都高速ルートは206kmなのに対して東名高速→圏央道→常磐道のルートは246km。普通に通行料金を計算すると、圏央道経由は7430円ですが、首都高速ルートの6370円で走ることができます。

ETC割引の休日割引・深夜割引については、実際に走るルートではなく「首都高速ルート」の割引が適用されます。さきほどの例では、休日割引料金は5470円、深夜割引料金は4850円です。

なお、この割引は首都高速経由の方が通行料金が安い場合のみ適用されます。高知IC~盛岡ICのような長距離で、そもそも圏央道を使った方が安いケースの場合、実際に走行したルートに従い通行料金を計算する仕組みです。


外環道を迂回路に使ってもETC割引

また、外環道を利用するETC割引として「外環道迂回利用割引」というものもあります。これは、東北道や常磐道など、首都高速・外環道に接続する高速道路から首都高速都心環状線のランプへ行く場合、外環道を迂回路に使っても料金が変わらない、というものです。

例えば、東北道方面から首都高速の銀座ランプへ行く場合、通常は首都高速川口線経由で都心環状線へ行きますが、途中の小菅JCTは渋滞の名所。このとき、小菅の渋滞を避けるために外環道で迂回して美女木JCT線経由で向かっても、同じ料金になります。

迂回に使える外環道は、外側から接している高速道路1区間が対象。東北道からの場合、美女木JCT経由と三郷JCT経由はOKですが、小松川JCTまで行くと割引対象外になります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事