ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アクアライン料金がETC割引で75%も安くなる理由

神奈川と千葉を東京湾を突っ切って結ぶアクアライン。開通当初のアクアラインは料金設定が高く「金持ち専用道路」などという言われ方をしたこともありました。しかし、現在のアクアラインの料金はETC限定で大幅な割引が行われて、断然使いやすくなりました。今回は、アクアライン料金がETC割引で75%も安くなる理由を紹介します。


ETC割引でアクアライン料金が75%も安くなる理由

アクアラインの料金は現金走行は高額

1996年に開通した東京湾アクアラインですが、開通当時は通行料金が高いことで話題になりました。いまでもアクアラインの料金は現金で支払う場合、神奈川県側の川崎浮島JCTから千葉県側の木更津金田ICまでは普通車で3090円と高額のままです。

そのため、アクアライン経由の方が距離が短くても、経由しないルートの方が料金が安くなることがほとんど。例えば、東北道の栃木ICから館山道の木更津南ICへ行く場合、距離の短いアクアライン経由の料金が7390円なのに対し、経由しないルートの料金は5270円です。

アクアラインの高額な通行料金がドライバーに嫌われ、アクアラインの通行量は少ないままでした。状況が変わるのは2009年8月のこと。アクアラインの料金がETC割引で、川崎浮島JCT~木更津金田ICの通行料金が普通車800円へ割引されることが決まったためです。

アクアライン料金がETC割引で値下げ

アクアライン料金の割引・値下げは、森田健作・現千葉県知事が初当選の際に掲げた公約でした。森田知事は当選後さっそくアクアライン料金割引に関する交渉を始め、国と千葉県が割引料金を負担することで、ETC限定割引として実現したのです。

アクアライン料金がETC割引で約75%も安い800円に値下げされたことで、走行距離が短い場合はアクアライン経由の料金が安くなるケースが増えました。栃木IC~木更津南ICの場合もその一例で、アクアライン経由の料金が5100円となり、使わないルートの料金の5270円より割安です。

また、渋滞回避にアクアラインを走ってもそれほど通行料金アップになりません。例えば、横浜駅付近から成田空港へ行く場合、首都高速経由の料金が3020円に対してアクアライン経由の料金は4240円です。アクアライン料金が1200円ほど高いものの、首都高速の渋滞を避けられます。


アクアライン料金のETC割引での注意

なお、ETC割引でアクアライン経由を利用する場合、通行料金で注意すべきポイントがいくつかあります。その一つが、アクアラインの料金はETC割引+休日・深夜割引にはならないことです。休日や深夜に走行しても、アクアラインの料金は800円で変わりません。

通行料金に休日・深夜割引がないのはアクアラインに接続する首都高速も同様。このため、対象路線を走る場合と比べるとアクアライン経由の料金の方が割高です。栃木IC~木更津南ICの例では、深夜の場合はアクアライン経由の料金が4200円に対しアクアラインを使わないルートの料金は3800円です。

また、アクアラインの料金は通過すると前後が別計算になるため、長距離の場合もアクアライン経由を選ばない方が通行料金はおトクです。例えば、仙台宮城IC~木更津南ICの場合、平日料金でもアクアラインを経由しない料金は1万90円に対し、アクアライン経由の料金は1万650円と割高になります。

アクアラインはETC割引でもまだ割高

しかし、実はこの「普通車800円」というETC割引後のアクアラインの料金自体は、NEXCO3社が管理する他の路線と比較した場合、まだ割高なのです。そこで、東京湾アクアライン以外のNEXCO3社路線の通行料金がどのように決められているのかを見ていきましょう。

NEXCO3社路線では、走行距離で通行料金を計算する路線と、各IC間の料金表が決められている路線の2種類が存在。全国的には、走行距離で計算する路線の方が圧倒的に多く、料金表を利用するのは、東京外環道や第二神明道路といった幹線をカバーする路線に限られます。

走行距離制の場合、東京・大阪の近郊で指定されている「大都市近郊区間」の場合1kmあたり29.52円、そのほかの路線(普通区間)は1kmあたり24.6円です。実際の通行料金は、距離あたりの料金に利用1回ごとにかかる150円を加え、合計金額に消費税率10%を掛けたうえで10円単位を四捨五入します。


アクアライン料金の割引後を逆算した

また、料金表を利用する路線では乗降IC間の料金がそれぞれ決められていますが、ETCを利用する場合については距離あたりの料金は走行距離制の路線とほぼ同じです。さらに、地域的な事情で距離あたりの料金が割安な沖縄道や、京葉道路や第三京浜のように歴史的な経緯から割安になっている路線も存在します。

東京湾アクアラインの料金については、浮島JCT~木更津金田ICの距離は15.1kmで、普通車の通行料金はETC割引後で800円。このアクアラインの料金から消費税や一回あたりの利用料金などを逆算して、1kmあたりの税抜き通行料金を計算すると約38.2円です。大都市近郊区間の29.52円より1kmあたり10円近く高くなってしまう計算です。

つまり、東京湾アクアラインの料金はETC割引でおトクというより「現金利用ではとてつもなく高い」路線ということ。とはいえ、ほぼ一直線で運転しやすく渋滞も少ない東京湾アクアラインの料金は、多少高くても利用するメリットは大きいといえるでしょう。

アクアラインに料金1,000円の見学会

アクララインでは、2019年より「海底トンネルに潜入! 東京湾アクアライン裏側探検」という見学会を開催しています。これまでアクアラインでほぼ非公開だった場所が、毎週見られるようになっています。アクアライン見学会の料金は、中学生以上のおとな1,000円、小学3~6年生のこども500円です。

アクアラインの見学会で最大の見どころは、海底トンネルの真下にある緊急避難路(兼管理用道路)でしょう。万が一トンネル内で火災事故が発生、クルマが立ち往生した場合には、300mごとにある避難口からこのトンネルに逃げ込めます。

ちなみに、煙の流れは一方通行で、入口から出口に向かって排出。アクアラインでの緊急時は、進行方向にある避難口を目指すのが原則です。短いスロープで避難路に降りれば、非常電話(150mごと)や消火器も設置されています。

東京湾アクアライン「シャコタン消防車」とは?


アクアラインの料金は団体と個人は同じ

アクアラインの海底トンネル内の車道の真下にある緊急避難路は、管理用道路も兼ねています。NEXCO東日本のパトロールカーがたまに巡回しているようで、極めてまれなケースではありますが、見学会で遭遇することもあります。

このアクアラインの管理用道路は、車道が混雑して到着が遅れるなどということがないように、消防車も走行することになっています。ただし、管理用道路は高さが2.5mしかないので、通常よりも車高の低いアクアライン専用の消防車を採用しているのです。

見学会の最後には、アクアライン消防車庫でこのシャコタン消防車を見ることが可能。10時と14時の見学会は、火水が個人、木金が団体。団体の予定がなければ個人見学もできます。なおアクアライン見学会の料金は、個人でも団体でも同じです。見学概要は「海ほたる」のホームページの見学会の案内を参照してください。

■「ETC割引」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事