ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC割引でアクアライン料金が75%も安くなる理由

神奈川と千葉を東京湾を突っ切って結ぶアクアライン。開通当初は料金設定が高く「金持ち専用道路」などという言われ方をしたこともありました。しかし、今はETC限定で大幅な割引が行われて、断然使いやすくなりました。今回は、アクアラインのETC割引システムを紹介します。


ETC割引でアクアライン料金が75%も安くなる理由

現金で走行すると高額なアクアライン

1996年に開通した東京湾アクアラインですが、開通当時は通行料金が高いことで話題になりました。いまでも現金で支払う場合、神奈川県側の川崎浮島JCTから千葉県側の木更津金田ICまでは普通車で3090円と高額のままです。

そのため、アクアライン経由の方が距離が短くても、経由しないルートの方が安くなることがほとんど。例えば、東北道の栃木ICから館山道の木更津南ICへ行く場合、距離の短いアクアライン経由が7390円なのに対し、経由しないルートは5270円です。

高額の通行料金がドライバーに嫌われ、アクアラインの通行量は少ないままでした。状況が変わるのは2009年8月のこと。ETC割引で、川崎浮島JCT~木更津金田ICの通行料金が普通車800円へ割引されることが決まったためです。

ETC割引でアクアライン料金が値下げ

アクアラインの割引・値下げは、森田健作・現千葉県知事が初当選の際に掲げた公約でした。森田知事は当選後さっそく割引に関する交渉を始め、国と千葉県が割引料金を負担することで、ETC限定割引として実現したのです。

通行料金がETC割引で約75%も安い800円に値下げされたことで、走行距離が短い場合はアクアライン経由が安くなるケースが増えました。栃木IC~木更津南ICの場合もその一例で、アクアライン経由が5100円となり、使わないルートの5270円より割安です。

また、渋滞回避にアクアラインを走ってもそれほど通行料金アップになりません。例えば、横浜駅付近から成田空港へ行く場合、首都高速経由が3020円に対してアクアライン経由は4240円です。1200円ほど高いものの、首都高速の渋滞を避けられます。


アクアラインETC割引の注意ポイント

なお、ETC割引でアクアライン経由を利用する場合、通行料金で注意すべきポイントがいくつかあります。その一つが、アクアライン割引+休日・深夜割引にはならないことです。休日や深夜に走行しても、料金は800円で変わりません。

休日・深夜割引がないのはアクアラインに接続する首都高速も同様。そこで、対象路線を走る場合と比べるとアクアライン経由の方が割高です。栃木IC~木更津南ICの例では、深夜の場合はアクアライン経由が4200円に対しアクアラインを使わないルートは3800円です。

また、アクアラインを通過すると前後の通行料金が別計算になるため、長距離の場合もアクアライン経由を選ばない方がおトクです。例えば、仙台宮城IC~木更津南ICの場合、平日料金でもアクアラインヺ経由しないと1万90円に対しアクアライン経由は1万650円と割高になります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事