ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JRの運賃計算に出てくる「営業キロ」とは何だ?

旅行へ出かける前に、列車のスケジュールや切符の値段を調べようと時刻表を見ると、各路線の最初に「営業キロ」「換算キロ」「擬制キロ」といった数字が書かれている欄があります。この数字は、料金計算で使うための距離を表すものですが、単にキロではなく営業キロなどとなっているのには、複雑な事情があるのでした。


JRの運賃計算に出てくる「営業キロ」とは何だ?

営業キロは距離の「km」と違っている

JR各社の運賃は、乗車距離に応じて決まる仕組みです。ところが、乗車券の購入前に距離から運賃を調べようと時刻表を見ると、各路線の距離を示す部分には「営業キロ」という、ほかではあまり使われない表記になっています。

本来「キロ」は単位の頭につける1000倍を表す記号で、それだけでは意味がありません。例えば、重さ(質量)であれば1kgは1gの1000倍、電気や電波などの周波数では1kHzは1Hzの1000倍になります。実は、時刻表に書かれた距離が「km」ではなく「キロ」となっている背景には、ある裁判の結果が関係しているのです。

JR各社が国鉄だった1975年3月、とある人が国鉄を相手に「東海道・山陽新幹線は在来線より距離が短いのに、運賃が同じなのはおかしい」と、実際の距離で計算した運賃との差額を求める民事裁判を東京簡易裁判所へ起こしました。実際、地図を見ればあきらかに在来線より新幹線ルートの方が短いことがわかります。

時刻表にも営業キロという言葉が登場

ところが、当時の時刻表に書かれた「キロ数」によれば、在来線も停車する駅は在来線ルート、在来線と離れた駅では新横浜駅は横浜駅、岐阜羽島駅は岐阜駅と同じ、といった具合になっていました。これは、東海道・山陽新幹線は在来線の並行ルートとみなし、国鉄内部で運賃計算用の「営業キロ」を定めていたためです。

裁判は最高裁まで争われ、判決では国鉄が営業キロをもとに運賃計算をしても問題がないという結果になりました。また、裁判の進行中に国鉄の運賃に関する法律へ営業キロを盛り込む改正が行われ、時刻表にも営業キロという言葉が登場するようになったのです。

営業キロは国鉄が分割民営化したあとのJR各社にも引き継がれ、現在に至っています。東海道・山陽新幹線に限らず、成田空港・関西空港へのアクセス路線など営業キロと実際の駅間の距離とが一致しない場所は数多くあり、単純に「km」と表記することができないのです。


幹線の営業キロと地方の換算キロ

営業キロに加え、JR運賃の計算をさらに複雑にしているのが「換算キロ」「擬制キロ」です。換算キロ・擬制キロは、JR路線のうちローカル線にあたる「地方交通線」に分類された路線の運賃計算に使われるもので、それ以外の幹線と通しで乗車した場合に運賃計算上の距離として利用します。

そして、幹線の営業キロと地方交通線の換算キロを足したものは「運賃計算キロ」と呼ばれ、実際の運賃は運賃計算キロから料金表を元に割り出す仕組みです。さらに、本州のJR3社とそれ以外の3社では料金表が異なるほか、本州3社とその他3社を通しで乗車する場合はその他3社分距離に応じた加算額も必要となります。

このように、JR各社の運賃は複雑な仕組みのため、時刻表などに料金表が掲載されている区間を除けば手計算は困難です。このため、乗車券の購入前に運賃を知りたい場合には、JR各社などが用意する乗換・運賃検索サイトを活用した方が無難といえるでしょう。

■「キップ」おすすめ記事
青春18きっぷ「一回分残し」で売るとお得な理由
青春18きっぷで「グリーン車」を乗り継ぐ裏ワザ
「青春18きっぷ」ならぬ「青春50きっぷ」とは
JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
北海道フリーパスなら特急列車全制覇も達成可能
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
新幹線自由席で座れる確率をアップする方法とは
アイドルファン同士による新幹線キセル乗車の手口

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事