ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

長野県の高速乗り放題になるETC割引プラン登場

全国で4番目に広い面積の都道府県が長野県。高速道路も中央道、長野道、上信越道の3本が走り、総距離は300kmを超えています。その長野県の高速道路が最大3日間乗り放題になるプランが発売中です。避暑地として名高い軽井沢や、夏は天竜川下りが楽しめる飯田など、観光スポットが豊富な長野県を満喫できるETC割引プランです。


長野県の高速乗り放題になるETC割引プラン登場

ETC利用向けの割引プランで乗り放題

NEXCO各社では「○○県内の高速道路を乗り放題」というETC利用向けの割引プランを数多く取りそろえています。そのうち、長野県内が乗り放題となるのが、NEXCO中日本から発売中の「2019信州めぐりフリーパス」です。

NEXCO中日本の場合、こうした乗り放題プランを利用するには、同社の会員サービス「速旅」への登録が必要。会員登録はWebサイト上から行う仕組みで、メールアドレス・ETCカード番号などを入力して登録します。

ETC乗り放題となる高速道路は、中央道諏訪南IC~飯田山本IC、上信越道碓氷軽井沢IC~更埴JCT、長野道岡谷JCT~信濃町ICの3路線。長野県内でも中央道園原ICは対象外となる一方で、群馬県内ながら軽井沢の最寄りICでもある碓氷軽井沢ICは対象内となっています。

ETC割引プラン価格には2日用と3日用

「2019信州めぐりフリーパス」には、発着ICが指定されて長野県までの往復料金を含む「首都圏出発プラン」「名古屋出発プラン」「静岡出発プラン」の3種類と、長野県内の乗り放題だけの「周遊プラン」が用意されています。

このうち、首都圏出発プランは発着ICが幅広いのが特徴。圏央道寒川南IC~つくば牛久IC、常磐道三郷JCT~桜土浦IC、東北道川口JCT~羽生IC、関越道練馬IC~花園IC、中央道高井戸IC~相模湖IC、東名高速東京IC~厚木IC、新湘南バイパスが対象で、東京・神奈川・埼玉、千葉・茨城の5都県から利用可能です。

ETC割引プランの価格は普通車の場合、2日用が8500円、3日用が9000円となっています。例えば、関越道の練馬ICから上信越道・長野道経由で信濃町ICまで行き、そこからさらに飯田山本IC→高井戸ICと対象エリア全線を走破した場合、全線深夜割引で計算しても11630円となり、3日用の9000円なら2630円割安になります。


ETC割引で周遊プランを選ぶメリット

名古屋出発プランの場合、東名高速岡崎IC~名神高速岐阜羽島IC、新東名高速岡崎東IC~伊勢湾岸道豊田南IC、東海環状道路、東海北陸道美濃IC~一ノ宮西IC、中央道小牧東IC~土岐ICが発着対象で、ETC割引プラン価格は普通車で2日用が9500円、3日用が10500円となっています。

また、静岡出発プランは新東名高速藤枝岡部IC~長泉沼津IC、東名高速焼津IC~裾野IC、中部縦貫道清水いはらICが発着対象で、ETC割引プラン価格は名古屋出発プランと同じです。発着ICの指定がない周遊プランについては、2日用だけの設定で価格は5500円となっています。

発着に利用するICが指定エリアの場合、周遊プランを選ぶメリットはほぼありません。また、発着対象外となっている東京外環道からは首都圏発着プラン、名古屋第二環状道路からは名古屋発着プランを選ぶのがおトク。ただし、東京外環道・名古屋第二環状道路の通行料金は別途必要になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事