ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察にも納品されるドラレコの気になる性能は?

全国の警察本部で導入されているドライブレコーダーが、アサヒリサーチの「Driveman」シリーズ。「ポリススペシャル」として、警察車両専門のモデルも製作している、知る人ぞ知るメーカーです。警察車両も使っているドライブレコーダーなら信頼性も高いはず。警察も導入するメーカーのドラレコ性能を見ていきます。


警察にも納品されるドラレコの気になる性能は?

警察仕様がベースの最上位モデル

アサヒリサーチのドライブレコーダー「Driveman GP-1」は、警察仕様がベースの最上位モデル。大阪府警察本部や愛知県警察本部のほか、栃木県警や新潟県警で導入されていますが、誰でも購入可能です。

ドライブレコーダーの解像度は2304×1296ドットの2K画質で、高精細に記録できます。解像度とフレームレートは6パターンから選択可能。うち3パターンが、LED信号機に対応しています。

強い振動を検知すると、JPG画像と動画による撮影がスタート。Gセンサーのレベルは10段階で調整できます。画角は140度(水平114度、垂直60度)で、保存形式はMOV形式。記録メディアはSDカード(最大64GB)です。

信号色の識別が得意なドラレコ画質

実際にドライブレコーダーで撮影した映像は、昼間は赤・青が強めのビビッドカラーが特徴的。信号色の識別が得意といえます。シャープな印象で画質も良好です。ただし、白の車体はナンバーが白飛びしやすい傾向がありました。

夜間のドライブレコーダー映像は、走行中でも前方の車両のナンバーを捕らえられる高精細な画質。夜間でも色は強めに出るため、信号・車体の色がハッキリと分かります。若干、黒はつぶれやすい傾向があります。

多くの警察本部で導入されているドライブレコーダーの電源は3芯車載用電源ケーブル(DCDC4)となっています。サイズ/重さは92W×61H×34Dmm/約100g。実勢価格は32,400円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事