ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

あおり運転対策に最新360度ドラレコの新機能

あおり運転暴行事故以来、後方や横方向も記録する360度対応のドライブレコーダーが注目されています。しかし、従来モデルは撮影した映像からビュワー上で一部を切り出して表示していたため、どうしても映像の粗さが目立ちました。そんな弱点を克服した360度ドラレコがカーメイトから登場しました。


あおり運転対策に最新360度ドラレコの新機能

360度ドライブレコーダーの独自機能

カーメイトの360度ドライブレコーダー「d’Action 360 S」は、前後に2レンズを搭載し、独自機能「デュアルレック」により、全天球映像と前方のフロント部分の映像を同時に別ファイルとして記録します。

さらに、本体を取り外して手持ちの360度カメラとしても使用可能(オプション)。“ドライブアクションレコーダー”という、斜め上を行く欲張りなドライブレコーダーなのです。

ビューモードは「オリジナル・サークルイン・パノラマカット・アングルカット・リトルプラネット・ラビットホール」の全6種類。さらに前方のフロント映像も保存される設計です。

360度ドライブレコーダーの解像度

360度ドライブレコーダーの解像度は、全天球映像が2880×1440、フロント映像は1920×1080。全天球映像は、モニター上で好きな方向に視点を移動させられます。

実際に360度ドライブレコーダーでフルHDで保存されたフロント映像を確認。5m前方の車両ナンバーもしっかりと記録できていました。また、WDR搭載で、明暗の激しい場所でも白飛びせず撮影できます。トンネル内でもしっかり記録できていました。

360度ドラレコの有効画素数は2700万画素で、撮影素子はソニー1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー×2です。画角は水平360度、垂直360度で、記録メディアはmicroSDカード(別売)となっています。サイズ/重さは130W×100H×51Dmm/約235g。実勢価格は59,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事