ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

お買物券付きETC乗り放題プランのおトク度は?

江戸・明治期の建築を生かした町並みで知られる、長浜の「黒壁スクエア」は、滋賀県湖東地区の代表的な観光スポットとして人気です。その黒壁スクエア各店で使えるお買い物券とETC乗り放題がセットになったプランが発売中。彦根や湖東三山もETC乗り放題エリアに含まれています。


お買物券付きETC乗り放題プランのおトク度は?

お買物券とETC乗り放題がセット

NEXCO中日本が販売中の「黒壁スクエア共通利用券付きドライブプラン」は、滋賀県長浜市にある歴史的建造物エリア「黒壁スクエア」に入店する各店舗で使えるお買い物券とETC乗り放題がセットになったプラン。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、利用前日まで申し込みOKです。

お買い物券に関しては、各プランごとに設定金額があり、約5%OFFの金額で購入する形になります。その引き換えは、黒壁スクエアの核となる旧第三十国立銀行~長浜キリスト教会に入店する「黒壁ガラス館」で行う仕組みで、引き換え当日のみ有効になります。

ETC乗り放題部分については2種類用意され、岐阜各務原IC・養老IC・湖東三山スマートIC・長浜ICに囲まれたエリアがETC乗り放題のプランは、有効期限2日間で価格は普通車2600円。お買い物券は、3000分を2850円で購入、2000円分を1900円で購入の2パターンから選べます。

ETC乗り放題で観光スポットを巡る

また、ETC乗り放題エリアが富加関IC・小牧IC・養老IC・彦根IC・敦賀南スマートIC・砺波ICに囲まれた区間と、北陸地方まで大きく拡がるプランもあり、こちらは有効期間3日間で価格は普通車7400円です。このプランについては、お買い物券は3500円分を3300円で購入する形となります。

休日利用を前提に両プランのおトク度を考えた場合、ETC乗り放題エリアが狭いプランについては小牧IC~長浜ICが休日割引で普通車片道1410円となるので、エリアをフルに活用した場合に割安となる計算。ただし、長浜周辺には彦根城や湖東三山などの観光スポットもあるので、そちらを巡ればよりおトクです。

また、ETC乗り放題エリアが北陸方面まで拡がるプランについては、富山・金沢方面から長浜を訪れる場合に有効。有効期限も3日間となるため、長浜・彦根エリアから足を延ばし、犬山城を始めとする名古屋近郊の観光スポットを巡るようなドライブでの活用がおすすめです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事