ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

「ETCマイレージ」お得なポイント交換ワザとは

高速道路をよく利用するドライバーなら、利用料金に応じてポイントが貯まり、高速料金に交換できる「ETCマイレージ」はぜひ利用したいサービスです。ただし、ETCマイレージはポイントの交換タイミングでおトク度が変わる仕組み。知らないと損をするETCマイレージのポイント交換ワザを見ていきます。


「ETCマイレージ」お得なポイント交換ワザとは

ETCマイレージは各社ポイントが違う

「ETCマイレージ」は、高速道路の利用料金に応じてポイントが貯まり、そのポイントを高速道路の通行料金分へ交換できる割引サービス。現在のところNEXCO3社(仙台松島道路を含む)のほか、本四高速・名古屋高速・愛知県道路公社(一部対象外)・神戸市道路公社・広島高速・福岡北九州高速が実施中です。

通行料金とポイントの関係は、NEXCO3社と本四高速が10円1ポイントで、名古屋高速・愛知県道路公社・広島高速・福岡北九州高速については100円1ポイント、神戸市道路公社は50円3ポイントが基本。さらにNEXCO3社と本四高速以外は、月額利用金額が5000円で割増ポイントが付く仕組みです。

貯まったポイントはNEXCO3社はまとめて集計、その他各社は会社別に計算します。そして、一定数ETCマイレージのポイントが貯まると、交換手続きを行うことにより通行料金分として還元。しかし、このポイント交換手続きのタイミングにより、還元率が変わる会社もあるのです。

ETCマイレージはまとめて交換がお得

ETCマイレージのポイント還元率が変わるのは、NEXCO3社と本四高速で、1000ポイントで交換すると500円、3000ポイントは2500円、5000ポイントは5000円となります。すなわり、この4社については5000ポイントまで貯め、まとめて交換する方が断然お得です。

一方、その他各社については100ポイント=100円に固定されているため、ポイントをまとめるメリットはありません。むしろ、100ポイント貯まるごとに交換手続きをしっかり行うことが大切ともいえます。それは、ETCマイレージのポイントには有効期限があるためです。

これは全社に共通することですが、ETCマイレージには「翌年の年度末まで」という有効期限があります。例えば、2020年1月に貯めたポイントの有効期限は2021年3月31日までで、4月1日になると失効してしまうのです。


ETCマイレージを交換するタイミング

このため、5000ポイントまで貯めるとより割安になるNEXCO3社と本四高速についても、ETCマイレージに4月1日で失効するポイントが1000ポイント以上残っている場合は、5000ポイントを待たずに3月までに交換手続きを行なうことが大切です。もちろん、他社についても失効の恐れがあるポイントについては同様です。

さらに、細かいポイント交換ワザですが、ETCマイレージを交換するタイミングとして、「ポイントが貯まらないけど使うことはできる路線」の走行前を選ぶ、という方法もあります。これは、ETCマイレージの仕組みでは、還元された通行料金で走行した分にポイントが付かないためです。

ポイントが付かず還元分の使用のみ対応する路線は、日光宇都宮道路や阪神高速など各地に存在しています。還元した通行料金は手続き直後から利用できるため、これら路線を走行する直前に交換することが、よりおトクなETCマイレージを活用方法といえるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事