ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC乗り放題プランで「ジュゴン」へ会いに行く

伊勢・志摩観光の定番スポットのひとつ、鳥羽水族館は日本で唯一「ジュゴン」を飼育していることで知られています。また、アシカショーやペンギンウォークなども毎日行われ、家族連れで賑わっています。その鳥羽水族館までのドライブをおトクにする、ETC乗り放題プランが現在NEXCO中日本から発売中です。


ETC乗り放題プランで「ジュゴン」へ会いに行く

ETC乗り放題プラン利用にスマホ必須

「鳥羽水族館ドライブプラン」は、三重県鳥羽市にある同館の入館券とETC高速乗り放題がセットになったプランです。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、申し込みは出発前日まで受け付けています。

セットになる水族館入館券については、大人2人を基本に子供2名まで割引料金で追加が可能です。大人料金は通常1人2500円のところが2000円となるため、2人分で1000円割安。また、追加分の子供料金は通常1250円のところが1000円と、ひとりあたり250円割引となります。

なお、水族館入館券引き換えは、現地でスマホやタブレットから暗証番号による認証を行う仕組みです。プランを利用してドライブへ出かける際には、通信可能なスマホ・タブレットを持って行く必要があります。

ETC乗り放題プランが割高なケース

ETC乗り放題部分については、乗り放題エリアが2種類あり、そのひとつは名港中央IC・名古屋西IC・大安IC・甲賀土山IC・紀伊長島IC・伊勢ICで囲まれた区間に設定。価格は発着IC指定なしの場合、有効期間2日間で普通車4000円、3日間で5200円です。

ETC乗り放題エリアが同じで発着ICが豊明IC~東海ICと指定のプランもあり、こちらは有効期間2日間のみで、価格は普通車5100円。さらに、発着IC指定なしでETC乗り放題エリアが四日市IC・菰野IC・大安IC・甲賀土山IC・紀伊長島IC・伊勢ICに囲まれた区間となるプランもあり、有効期間は2日間、価格は普通車3100円です。

各プランのおトク度を、休日利用前提で比較すると、名古屋方面から鳥羽水族館の最寄りである伊勢ICまでの往復については、湾岸桑名IC・長島ICより東側からで2日間プランの方が割安に。一方、3日間プランについては単純往復のみでは割高なため、尾鷲方面への観光と組みあわせたドライブ向けといえます。

また、関西方面からの場合、名阪国道経由で訪れるのであればプラン利用は割高です。一方、新名神高速を利用する場合、東名高速京都東ICより東側からであれば単純往復でもプラン利用がおトクになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事