ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

長距離移動に鉄道でなくレンタカーという選択肢

長距離移動でレンタカーを使うと、高速料金に加えてレンタカー代、ガソリン代がプラスされて高くつく…というイメージを持つ人も多いでしょう。 しかし、人数次第では鉄道よりもレンタカーを使った方が安いケースもあります。さらに、ETC割引を活用することで、よりおトクに長距離移動できるのです。


長距離移動に鉄道でなくレンタカーという選択肢

長距離移動で鉄道とレンタカーを比較

長距離移動をレンタカー利用と鉄道利用で比較した場合、当然ですがレンタカーの交通費は何人乗っても自動車1台分で済むのに対し、鉄道は人数分の運賃・特急料金が発生します。そこで、4人以上でドライブに出かけるケースでは、レンタカー料金を含めても鉄道より割安になることもあるのです。

例えば、大人4人で東京駅~大阪駅を新幹線のぞみ号普通車指定席で往復すると、JRの運賃は合わせて1万4720円×2×4=11万7760円(通常期)。一方、同じ区間でレンタカーを利用する場合、ETCを使って往復とも平日昼間に走ると、首都高速・阪神高速を含む通行料金は1万3310円×2=2万6620円になります。

ガソリン代については、荷物を考え7人乗りのミニバンを借りて、燃費が11km/lでガソリン価格を146.4円とすると、往復で約1万3710円。つまり、新幹線運賃から通行料金・ガソリン代を引いた7万7430円未満にレンタカー料金が収まればおトクということになります。

長距離移動にレンタカーETC休日割引

レンタカー大手・ニッポンレンタカーのWebサイトを見ると、大型ミニバンのトヨタ・アルファードハイブリッドを年会費無料のSRMメンバー価格で借りた場合、72時間ですべての補償を付けても7万4250円。このため、2泊3日のドライブを楽しみ翌朝返却するならレンタカー利用の方が割安。車種を選べばもっと割安になります。

そして、ETC割引を使えば、さらにレンタカーでの長距離移動のコストを圧縮可能。例えば、土日祝日に大都市近郊区間・東京湾アクアライン・関門トンネル・沖縄道を除くNEXCO3社路線を走行すると、ETC休日割引として通行料金が30%オフです。

2泊3日のドライブで往復とも土日祝日を選ぶのは難しいですが、片道だけでもETC休日割引にすれば、長距離移動の場合は通行料金をかなり節約できます。さきほどの東京~大阪の例でいえば、平日料金が普通車1万3310円に対し休日割引料金は9900円と、3千円以上割安となる計算です。

■「レンタカー」おすすめ記事
レンタカーならオービスが光っても逃げられる?
レンタカーの駐車違反は警察に出頭した方が得?
1日2200円で乗り捨てOKの格安レンタカーとは?

■「カーライフ」おすすめ記事
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?
自動車の盗難被害1位プリウスの手口と対策は?
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
クルマ盗難手口「リレーアタック」仕組みと対策

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事