ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

各社が販売休止した「ETC乗り放題プラン」とは

高速道路をETCで利用するメリットのひとつに「決められたエリアの高速道路が乗り放題となるプランが使える」というものがあります。使い方次第では高速料金が50%以上節約できるため、観光やレジャーに活用してきたドライバーも多いはず。しかし、国による緊急事態宣言を受けて「ETC乗り放題プラン」の発売が相次いで中止されています。


高速道路各社が「ETC乗り放題プラン」販売休止

ETC乗り放題プランの販売再開は未定

ETC限定で対象エリアの高速道路が乗り放題となるプランは、NEXCO3社が力を入れるサービスのひとつ。NEXCO東日本は「ドラ割」、中日本は「速旅」、西日本は「みち旅」というブランドで、さまざまなETC乗り放題プランを発売してきました。

しかし、2020年4月7日に政府から出された「緊急事態宣言」を受けて、各社ともにETC乗り放題プランの販売受付を一時的に停止することになりました。緊急事態宣言の有効期限は当面2020年5月6日までですが、ETC乗り放題プランの販売再開時期は各社とも未定です。

また、NEXCO中日本が旅行代理店・日本旅行と提携して提供していたETC乗り放題とホテル・旅館の宿泊がセットになった「ドライブパック」についても事実上の販売休止。こちらについては公式アナウンスはなく、対象のホテル・旅館がゼロ表示のままです。

ETC乗り放題プランはキャンセル不要

さらに、阪神高速が発売していた日曜日限定のETC乗り放題プランも販売を休止。こちらは、元々2020年4月19日利用分までの期間限定サービスだったため、予定より早い販売終了という形です。

なお、いずれのETC乗り放題プランも、すでに販売された分についてはそのまま利用可能。また、高速道路乗り放題のみのプランについては、実際に高速道路を利用しなければ請求が届かないため、払い戻し手続きは不要です。

ただし、レジャー施設やホテル・旅館などがセットとなったETC乗り放題プランは、利用しない場合はキャンセル手続きが必要です。とはいえ、政府の緊急事態宣言が出たこともあり、キャンセル料などについては無料対応をしている施設も多いので、まずは相談してみるとよいでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事