ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カーシェアで「ETCマイレージ」は使えるのか?

高速道路業界は、ETCを普及させるべくさまざまな割引サービスを展開しています。そのひとつ「ETCマイレージサービス」は、支払った高速料金に応じてポイント還元が受けられるもの。ところがこのサービス、会員登録時にETC車載器とナンバーの情報が必要。カーシェアでETCマイレージを使う方法はあるのでしょうか。


カーシェアで「ETCマイレージ」は使えるのか?

ETCマイレージサービスの対象外

ETC向けの割引サービスとして、おトク度が高いもののの一つが「ETCマイレージサービス」です。これは、支払った通行料金に応じて最大10%のポイント還元が受けられるもの。さらに、ETCマイレージサービス会員限定で、平日最大50%のポイント還元がある「ETC平日朝夕割」という割引サービスもあります。

ところが、これらETCマイレージサービス関連の割引は、自家用車を持たずレンタカーやカーシェアでETCカードを利用している人は対象外。というのも、ETCマイレージサービスの会員登録に、ETC車載器とナンバープレートの情報が必要だからです。

その理由をETCマイレージサービスのWebサイトでは「ETCマイレージサービスは、ETCをご利用(無線走行)いただくことが前提であり、その中でもETC普及促進の観点から車載器をご購入いただいたお客様向けの割引制度となっております」と説明しています。

車載器なしでETCマイレージサービス

それでは、何とかしてETC車載器なしでETCマイレージに申し込む裏ワザはないものでしょうか。まず、ETC車載器だけ購入して登録する方法もありそうですが、これはダメ。というのも、そのETC車載器がどこかの自動車にセットアップされていることが条件のためです。

次に、知り合いの自動車やレンタカーのETC車載器番号だけ借りてETCマイレージを申し込むといった方法も考えられますが、これも使えません。というのも、ETC車載器をセットアップしたときに車検証やナンバープレートの情報が記録されているため、その情報が申し込んだ人と一致しないと受け付けてもらえないからです。

レンタカー派やカーシェア派がどうしてもETCマイレージを利用したいのであれば、ごく短い期間だけもETC車載器付きの自動車を所有する必要があります。一方、自家用車でETCマイレージサービスに登録している人が、レンタカーやカーシェアでそのETCカードを使って高速道路を利用した場合は、サービス対象です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事