ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コロナ対策「ETC平日朝夕割」が使える路線は?

東京・大阪への通勤が自粛を求められている一方、どうしても週1~2回は出社が必要という人も少なくないでしょう。そうしたケースで活用したいのが、平日の通勤時間帯に行われている高速料金の「ETC平日朝夕割」を活用したクルマ通勤。東京へ向かう高速道路のなかでETC平日朝夕割が一番使いやすい路線はどこでしょうか。


コロナ対策「ETC平日朝夕割」が使える路線は?

ETC平日朝夕割は大都市近郊が対象外

数あるETC限定割引サービスで、おトク度が高いのが通勤利用向けの「ETC平日朝夕割」です。ETC平日朝夕割は、NEXCO3社(仙台松島道路を含む)および本四高速が実施しているもので、高速道路を6~9時・17~20時までに走行した場合、最大100km分まで毎月の利用回数に応じ、翌月通行料金として還元されます。

NEXCO3社についてはETC平日朝夕割の利用回数はまとめて計算を行い、割引率は月6~9回利用の場合30%、10回以上では50%と、ETC割引のなかでもおトク度が高いものです。しかし、東京・大阪周辺のドライバーには利用が難しいサービスでもあります。それは「大都市近郊区間」が対象外のためです。

大都市近郊区間とは、東京・大阪周辺の高速道路路線に設定されているもので、その他の区間(普通区間)と比べて距離あたりの通行料金が割増しされています。そして、大都市近郊区間に指定された路線は、ETC平日朝夕割の対象外なのです。このほか、東京湾アクアラインも対象外となっています。

ETC平日朝夕割で一番おトクな中央道

関東地方の場合、東京から放射状に各方面へ延びる高速道路は、首都高速を除くと東名高速・中央道・関越道・東北道・常磐道・東関道・第三京浜・京葉道路の8路線。このうち、第三京浜と京葉道路は全線ETC平日朝夕割の対象外なので、残る6路線について大都市近郊区間の長さがどれぐらいあるかを調べてみます。

6路線のうち、もっとも大都市近郊区間が長い路線は東関道で、高谷JCT~成田スマートICまでの44.9km。これは、東京の玄関口のひとつ、成田空港と東京都心を結ぶ路線であることが影響しているといえます。ちなみに、成田スマートICから成田空港へ延びる新空港道も大都市近郊区間です。

そして、2番目に大都市近郊区間が長いのが関越道となり練馬IC~東松山ICの39.4km、3番目に東名道の東京IC~厚木ICの35kmと続きます。都心から沿線に人口集中地区が続く厚木ICと、人口集中地区から外れ都心からより離れた東松山ICがなぜ同じ扱いなのかは謎です。

一方、もっとも大都市近郊区間が短いのは中央道で、高井戸IC~八王子ICの25.8km。続いて常磐道三郷IC~谷田部ICの30.3km、東北道川口JCT~加須ICの33.4kmとなります。東関道と中央道では20km近い差があり、ETC平日朝夕割利用という点では中央道のおトク度は高いといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事