ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

日帰りで使えるGoTo対象ETC乗り放題プランとは

長野県南部に位置する伊那谷は、東京・名古屋から数時間のドライブで行くことができ、豊かな自然を楽しめるスポットとして知られています。その伊那谷への日帰りドライブ向けに、GoToトラベル対象のETC乗り放題プランが発売中。4000円分のお買い物券もセットなので、旅先での買い物もお得に楽しめます。


日帰りで使えるGoTo対象ETC乗り放題プランとは

4000円分のクーポン付きETC乗り放題

NEXCO中日本が発売中の「GoTo日帰り伊那谷ドライブクーポン付きドライブプラン」は、ETC乗り放題に長野県の上伊那地区で利用できる「伊那谷ドライブクーポン」3000円分がセットとなったプランです。GoToトラベル対象として、高速道路乗り放題・クーポンとも35%割引になるほか、地域共通クーポンも1000円分受け取れます。

「GoTo日帰り伊那谷ドライブクーポン付きドライブプラン」の購入には、あらかじめNEXCO中日本の「速旅」への会員登録が必要で、プラン申し込みは出発前日まで受け付けています。また、ドライブクーポンの受け取りに通信可能なスマートフォン・タブレットを使用するため、ドライブ時にはいずれかを持っていくようにします。

伊那谷ドライブクーポンは、500円券が6枚綴りとなっていて、上伊那地区のレストランや土産物店・温泉施設・道の駅など44施設で利用可能。クーポン引き換えは、駒ヶ根ファームス・道の駅大芝高原・みはらしファームの3か所で受け付けていて、地域共通クーポンと合わせて受け取ることになります。

往復だけでETC乗り放題の元が取れる

ETC限定の高速道路乗り放題については、首都圏発着と愛知県・岐阜県発着の2パターンを用意。首都圏発着の場合、乗り放題エリアは八王子西IC・高井戸IC・圏央厚木IC・須走IC・六郷IC・飯田IC・安曇野ICに囲まれた区間で、有効期間は1日となりGoToトラベル割引後の価格は普通車6955円です。

また、愛知県・岐阜県発着向けプランについては、ETC乗り放題エリアは安曇野IC・甲府昭和IC・六郷IC・豊田勘八IC・名古屋IC・一宮IC・五斗蒔スマートICに囲まれた路線となります。有効期間は1日で、GoToトラベル割引後の価格は普通車6955円と、首都圏発着向けと同じです。

ETC乗り放題プランのおトク度を調べると、首都圏発着の場合は高井戸IC~伊那ICのETC休日割引料金が片道普通車3770円なので、往復するだけで元が取れる計算です。一方、愛知県・岐阜県発着については名古屋IC~伊那ICのETC休日割引料金は片道普通車2770円のため、ETC乗り放題部分だけではプラン利用が割高です。

ただし、伊那谷ドライブクーポンと地域共通クーポンが合計4000円分手に入ることを考えると、名古屋IC発着についても2000円以上おトクになるといえます。なお、両クーポンとも有効期限は発行当日のみとなるので、ドライブ当日は早めに出発し、日中にクーポンを使い切れるスケジュールを立てた方がよいでしょう。

■「ETC割引」おすすめ記事
ETC割引もすぐわかる「ドラぷらアプリ」が便利
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
ETCマイレージサービスはカーシェアで使える?
深夜のサービスエリア「ETC割引」で激混み状態
ETCで利用すると割引率の高い高速道路ベスト5
首都高でETC休日割引を受ける唯一の方法とは?
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事