ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災に最適なLEDライト搭載のポケットラジオ

LEDライト付きのポケットラジオ「TY-SPR4」は、東芝エルイートレーディングの最新モデル。旧モデルの黒やシルバーといったオジサマ向きな色合いから一転、華やかなパールホワイトへと開花しました。LEDライトの連続点灯時間も40時間と長く、防災ラジオに最適な1台です。受信性能など詳しく見ていきます。


防災に最適なLEDライト搭載のポケットラジオ

防災ラジオとして聞きやすい音質

TY-SPR4の受信感度は、AM/FM波ともにかなり高い印象です。AM波はノイズへの耐性も強く、内蔵バーアンテナの切れ味もシャープ。FM波は帯域全体で感度が一定しているため、安心感があります。90~95MHzの補完中継波だけ入りが悪いということもありません。

音質はとてもクリアで濁りの無い音です。スピーカーでもイヤホンでも、低音がやや強く出る傾向にありますが、全体としては、実にパワフル。防災ラジオとしても聞きやすい音に仕上がっています。

FMラジオ放送をステレオで聞いた時の音は、ポケットラジオのものとは思えないほど繊細で、引き込まれてしまうレベル。高価なヘッドホンで聞きたくなるほどの出来映えです。

LEDライトを搭載した防災ラジオ

TY-SPR4は同社のポケットラジオのシリーズで、初めてLEDライトを搭載。手回しラジオをメインに懐中電灯付きの防災ラジオは数多く発売されていますが、TY-SPR4の連続点灯時間は約40時間とロングラン仕様です。

反射鏡の無いLED1灯式なので、眩しいほどの光ではありませんが、真っ暗な家で玄関先まで避難したり、ブレーカーの様子を見に行ったりする程度なら、十分に使える明るさです。

ただひとつだけ難点を挙げるなら、本機のLEDライトはラジオがOFFの時にしか使えないこと。ラジオを聞きながら点灯させることはできません。ライバル機には無い、防災ラジオとしての価値を高める機能だけに、この制約はやや残念なところです。(文/手島伸英)

■「ラジオ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
AMラジオがなくなる?話題の「FM補完放送」とは
AMラジオ廃止問題は2023年の再免許時がポイント
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880
InterFMが89.7MHzへ周波数を変更した理由とは
海外短波放送を聞くBCLラジオは乾電池が基本
ラジコの全放送を無料で地域外で聞く方法とは?

■「アンテナ」おすすめ記事
ループアンテナを作ってAMラジオの遠距離受信
BSアンテナの室内スタンドでこっそり楽しむ

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事