ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

TY-SPR6は東芝ポケットラジオの最上位モデル

ポケットラジオ・ポータブルラジオ・CDラジオなど、多種多様なラジオを普及機から上位機までラインアップしている東芝エルイートレーディング。ラジオの製造に消極的な令和の時代。唯一、新製品をリリースし続ける国内大手メーカーが東芝です。そんな東芝のポケットラジオの最上位モデル「TY-SPR6」を見ていきましょう。


東芝ポケットラジオの最上位モデル「TY-SPR6」

TY-SPR6は放送局名を漢字で表示する

名刺サイズにありったけの機能を詰め込んだ移動受信の友といえるのが、東芝ポケットラジオの最上位モデル「TY-SPR6」です。

TY-SPR6で特に評価したいのが、地域選択によるオートプリセット機能と、放送局名が漢字で表示されるディスプレイ。初めて出かけるエリアでも、TY-SPR6なら選局に戸惑うことはありません。

そして、AM/FM各4局のお好み選局ボタン、自動時刻補正機能付きのデジタル時計、目覚ましアラーム、タイマー、スリープタイマー、LEDライトと、TY-SPR6は便利機能をほぼ網羅。TY-SPR6のボタンには目印となる小さな突起があり、十分な大きさとクリック感が確保されていて、手探りでも操作に迷いません。

TY-SPR6のイヤホン使用時の音は好印象

TY-SPR6はAM/FMラジオ放送ともに感度は高いのですが、内蔵バーアンテナの向きやイヤホンアンテナの揺れによる影響をやや受けやすい印象です。

サイズの制約から、TY-SPR6のスピーカーはレンジが狭くて硬い音ですが、イヤホン使用時の音は低域から高域までしっかり出ていて好印象。TY-SPR6のFMラジオ放送はステレオ感もバッチリです。

TY-SPR6の受信周波数はAMラジオ放送(522~1710kHz/9kHzステップ)、FMラジオ放送(76.0~108.0MHz/0.1MHzステップ)となっています。電源は単4形乾電池×2本です。サイズ/重さは56W×95H×13D㎜/83g。実勢価格は6,400円です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事