ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ICカードよりキップの方が安い区間が存在する

SuicaなどのICカードが普及した理由のひとつに「電車の運賃はキップよりICカードの方が安い」という何となくの認識があります。たしかに、電車の運賃は基本的にキップで買うよりもICカード運賃の方が安く設定されています。しかし、ICカードよりキップの方が安い区間も存在するのです。


スポンサーリンク
ICカードよりキップの方が安い区間が存在する

運賃がキップの方が安くなるケース

電車の運賃は、基本的にはキップよりもICカードの運賃の方が安い設定です。その理由は、ICカードは運賃が1円単位で決まるのに対し、キップは10円未満を四捨五入する仕組みにあります。

ただし、4円以下は切り捨て、5円以上は切り上げとなるため、実際のICカードの運賃の下1ケタが4円以下の場合は、キップの方が安くなるケースがあるのです。

JR総武本線の運賃を見ていくと、キップの方が安い区間があることがよくわかります。千葉~東千葉はキップが140円でICカード運賃が144円とキップの方が安いのですが、千葉~四街道になるとキップが200円でICカード運賃が195円とICカードの方が安くなるのです。

さらに、千葉~佐倉はキップが320円でICカード運賃が324円と再びキップの方が安くなり、千葉~榎戸はいずれも410円と同額、千葉~日向はキップが580円でICカード運賃が583円とやはりキップが安くなるのでした。

電車特定区間は1円単位は切り上げ

このほか、新橋から東京ビックサイトにゆりかもめで行く時の新橋から国際展示場正門までの運賃はキップが380円で、ICカードは381円です。キップの方が1円安くなっています。また、東京から日光にJRで行く時の東京~宇都宮~日光の運賃はキップは2,590円で、ICカードは2,592円です。キップの方が2円安くなります。

ただし、JR東日本は山手線や電車特定区間は1円単位は切り上げとなっているので、ICカードの方が安いかもしくは同額。JR西日本のようにICカード運賃・キップともに切り上げとしている会社もあります。

このように「キップよりICカード運賃の方が安い」という認識は、絶対ではないということ。電車に乗る時はどちらが安いのか、乗り換え案内アプリなどで両方の運賃をチェックするように心がけましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事