ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

マイナポイントに登録すべき交通系ICカードは?

いよいよ9月1日からポイント付与がスタートする「マイナポイント」。さまざまなキャッシュレス決済でマイナポイントの還元が受けられ、もちろん交通系ICカードの多くも対応しています。そのなかから、マイナポイントへの登録でよりお得になる交通系ICカードはどれなのかを調べてみました。


マイナポイントに登録すべき交通系ICカードは?

マイナポイントに交通系ICカード登録

2020年9月~2021年3月までの期間で行われる「マイナポイント」は、マイナンバーを利用するためのICカード「マイナンバーカード」とキャッシュレス決済を組み合わせることで、政府からポイント還元を受けられるというもの。マイナポイント対象のキャッシュレス決済には、交通系ICカードも含まれています。

交通系ICカードのなかで、全国相互利用サービス対応となっている10種類については、PiTaPaを除いた9種類がマイナポイント対象です。また、地域型の交通系ICカードでは、熊本地区をサービスエリアとする「くまモンのICカード」もマイナポイント対応となっています。

マイナポイントの仕組みでは、マイナンバーカード1枚につきキャッシュレス決済事業者を1社登録。登録した決済事業者の利用金額について、5000円を上限に25%を政府の負担で事業者のポイントとして還元します。つまり、2万円分利用すれば最大の5000円分の還元を受けられるのです。

Suicaはマイナポイント登録でポイント

しかし、5000ポイントというのは政府負担分で、キャッシュレス事業会社によってはマイナポイント登録や利用状況に応じた割増ポイントを設定していることがあります。交通系ICカードに関しては、サービス内容が公開されている5種類のうち、割増ポイントが用意されているのはSuicaとnimocaです。

Suicaの場合、JRE POINT会員となり登録済みのSuicaをさらにマイナポイント利用に設定すると、利用金額にかかわらずJRE POINTとして1000ポイント還元される仕組みです。利用金額が少ない小学生向けの「こども用Suica」でも1000ポイントが手に入るため、子供が多い家族に有利ともいえます。

一方、nimocaの場合、登録型の「スターnimoca」とクレジットカードと提携した「クレジットnimoca」が割増ポイントの対象。いずれかのnimoca1枚をマイナポイントに登録のうえ2万円以上利用すると、抽選で1000人へ1万nimocaポイントが当たる仕組みとなっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事