ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JR東日本が発行する「odeca(オデカ)」とは?

JR東日本が発行する「Suica」は、数ある交通系ICカードのなかでもっとも使い勝手がよいともいわれ、発行枚数も全国No.1です。一方で、JR東日本はSuicaとは別に「odeca」という交通系ICカードも発行中。Suicaとは逆に、odecaは使える路線がとても少なく、全国各地どころか同じ会社のSuicaエリアですら使えないのです。


JR東日本がSuicaとは別に発行する「odeca」とは

odecaはBRT路線専用の交通系ICカード

交通系ICカードのひとつ「odeca(オデカ)」は、JR東日本が気仙沼線の前谷地駅~気仙沼駅・大船渡線の気仙沼駅~盛駅で運行中のBRTで利用可能なものです。BRTは「Bus Rapid Transit(バス高速輸送システム)」の略で、専用道路を整備してそこへバスを走らせるという運行方式になります。

元々、気仙沼線・大船渡線のBRT区間には鉄道が走っていましたが、2011年3月の東日本大震災により多くの区間が崩壊。鉄道での復旧に多額の費用がかかることから、より低コストで整備できるBRTが選ばれたという経緯があります。また、BRTではあるものの、専用道路を走る区間は一部に留まっています。

気仙沼線・大船渡線のBRT区間へodecaが導入されたのは2013年8月のことで、当初この区間で使える交通系ICカードはodecaのみでした。しかし、2015年3月14日からはBRT区間はSuicaをはじめとする全国相互利用対応の交通系ICカードも利用可能となっています。

試験的にodeca利用の実証実験を実施

逆に、odecaをSuicaやPASMOなどの路線で利用することはできず、Suicaならショッピング利用でポイントがたまるJR東日本のキオスク・駅ビルにも非対応。また、odecaのような特定路線専用の交通系ICカードの多くは運賃割引やポイントプログラムを実施していますが、odecaにはそれもありません。

対応路線が限られおトク度も低いodecaは、少なくとも観光目的で訪れる人には使い勝手が悪い交通系ICカードといえます。ただし、気仙沼線・大船渡線のBRT区間で定期利用にはodecaのみが対応しているため、沿線で通勤・通学をする人はodecaしか選択肢はありません。

なお、2019年6月1日から2021年3月までの予定で、岩手県交通の路線バスのうち盛岡中心市街地区間について試験的にodeca利用の実証実験が行われています。実験の結果を受けて、岩手県交通の路線バスがodecaを本格導入することになれば、その利便性が大きく向上するでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。