ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

利用エリアが狭い交通系ICカード「odeca」とは

JR東日本が発行する交通系ICカード「Suica」は、交通系ICカードの基準的存在となっているため、鉄道・バスだけでなく幅広いジャンルで利用可能です。ところが、JR東日本はSuicaとは逆に「もっとも利用範囲が狭い」ともいえる交通系ICカード「odeca(オデカ)」も発行中。こちらはJR東日本路線のほとんどで利用できないのです。


利用エリアが狭い交通系ICカード「odeca」とは

odecaはBRTの2路線のみで利用可能

JR東日本が発行する交通系ICカード「odeca」は、同社路線のうち気仙沼線の前谷地~気仙沼駅、大船渡線の気仙沼駅~盛駅で運行するBRT各駅が利用可能エリア。odecaはSuicaと異なり、交通系ICカードの全国相互利用には未対応。同じ会社のSuicaエリアですら利用できません。

JR東日本が、なぜBRT路線にSuicaではなくodecaを採用したかは不明ですが、BRT路線の運賃計算が特殊なことも事実。BRT路線とJR東日本の鉄道路線を乗り継ぐ場合、鉄道区間とBRT区間の運賃は別々に計算して合計する仕組みです。

odecaのサービスが開始されたのは2013年8月で、当初BRT路線で利用できる交通系ICカードはodecaのみでした。ところが、2015年3月からBRT路線でも全国相互利用サービス対応の交通系ICカードも利用可能になりました。一方、odecaが利用できるのはBRT路線に限られたままです。

BRT路線の定期券はodeca定期券に統一

通常、「片利用」と呼ばれるodecaのような交通系ICカードの場合は「自社の交通系ICカードを利用するとポイントが貯まる」あるいは「地域店のショッピングで優遇がある」といったサービスが付帯しています。ところが、odecaにはポイントサービスはなく、ショッピングに関しては利用自体ができません。

一方、BRT路線の定期券に関しては、紙の定期券は発行されずodeca定期券に統一されています。そのため、通勤・通学にBRT路線を利用する人はodecaが必須なものの、その他の利用客にとってはコンビニでも利用可能なSuicaなどの方がodecaより使い勝手がよい状況となっているのです。

とはいえ、odecaのエリア拡大につながる動きも過去にあり、2019年6月1日から岩手県交通の一部バス路線でodecaの実証実験がスタートしました。しかし、岩手県交通はodecaではなくSuicaも内蔵する地域連携ICカード「Iwate Green Pass」の導入を決定。odeca利用は、2021年1月末までで終了しています。

■「交通系ICカード」おすすめ記事
バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?

■「交通」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?
電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事