ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

青春18きっぷより普通乗車券が割安になるケース

「JR全線乗りつぶし」の旅を計画する時には「青春18きっぷ」を選ぶのが定番。青春18きっぷは、1日当たり2410円で乗り放題になるからです。しかし、普通乗車券を購入する方が割安になるケースも存在。あえて青春18きっぷを使わないことで、むしろお得になる普通乗車券の活用方法を見ていきましょう。


青春18きっぷより普通乗車券が割安になるケース

普通乗車券の方がのんびり旅には割安

東京駅から広島駅までの旅行を例にしましょう。途中で寄り道をせずに、一気に広島駅を目指すなら「青春18きっぷ」の圧勝です。しかし、各地で宿泊しながらのんびりと旅をするのなら、普通乗車券の方が割安になることもあります。

基本的に、乗車する片道の営業キロが101km以上の普通乗車券は何度でも途中下車が可能なので、これを活用します。途中下車して、大井川鐵道や岳南鉄道、名古屋・大阪の私鉄各線などの乗りつぶしを計画している旅行にはピッタリです。

普通乗車券のメリットは運賃だけではありません。青春18きっぷにはできない、特急券の追加購入で新幹線の利用も可能なのです。有効期間も連続6日間と長く、青春18きっぷよりもゆとりのある計画が立てられる点も魅力でしょう。

あえて普通乗車券を活用して170円お得

具体的には、東京から広島まで「静岡・名古屋・大阪・岡山」各地で1泊する旅の場合、5日間有効の青春18きっぷを使うと12,050円です。一方、東京から広島までの普通乗車券は11,880円と割安なうえ、営業キロが800kmを超えるので連続した6日間有効となります。

青春18きっぷを使わずに、あえて普通乗車券を活用したほうが、料金が170円割安になるだけでなく、有効期間も1日長くなるのでした。

普通乗車券がお得になるケースは移動距離が長く、有効期間が連続6日間以上になる場合です。また、往復乗車券にすると有効期間が倍になり、片道601km以上なら1割の往復割引があるのでおトク度がアップします。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事