ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線スマートEXが複数ICカード同時予約可能に

東海道・山陽新幹線にチケットレスで乗れる「スマートEX」は、予約変更が簡単に行えることもあり、スケジュールが変わることも多いビジネス利用に便利なサービスです。スマートEXには、これまで2人以上で移動するときには紙の切符の発行が必要という弱点がありましたが、3月からはそれも解消されることになります。


新幹線スマートEXが複数ICカード同時予約可能に

スマートEXの予約変更は直前までOK

「スマートEX」は、東海道・山陽新幹線に交通系ICカードで乗車できるサービスです。スマートEXの利用には会員登録が必要で、登録には連絡用のメールアドレスと氏名・運賃支払いに利用するクレジットカード・乗車時に利用する交通系ICカードが必要です。なお、交通系ICカードは全国相互利用対応の10種類すべてが登録可能です。

スマートEXの便利な点は、交通系ICカードで乗車できるだけでなく、指定席の予約変更が簡単に行えることにもあります。通常の乗車券や特急券と異なり、スマートEXの予約は乗車4分前まで何回でも行うことが可能。予約変更手数料も無料です。

一方、スマートEXには不便な点も残っており、それは2人以上の座席予約を行った場合、乗車に紙の乗車券を発券する必要があることです。1人での移動が多いビジネスユーザーであれば問題ありませんが、家族旅行などにはスマートEXは使いやすいものとはいえません。

3月から2人以上もチケットレスに

そこで、JR東海とJR西日本はスマートEXのシステムを改良。2021年3月6日から、複数人数でスマートEXを利用する場合、人数分の交通系ICカードを登録できるようになります。交通系ICカード番号の登録が必要ですが、登録したカード番号は履歴として残るため、次回以降はカード番号を選択するだけでOKです。

複数人数の交通系ICカードでスマートEXの予約をする場合、予約や決済を行う人は会員登録が必要ですが、その他の人は会員登録なしで利用可能。また、メールを受け取り確認するといった作業も不要で、予約時に登録した交通系ICカードがあれば新幹線改札口を通過できる仕組みです。

さらに、新幹線に遅れが発生した場合、リアルタイムの遅延状況に応じて指定席の予約変更が可能となります。例えば、東京駅12時出発・13時出発ののぞみがいずれも1時間遅れが見込まれる場合、12時以降であっても13時出発の予約を12時出発へと変更することで、遅れの影響を最小限にとどめることができるようになるのです。

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
新幹線自由席で座れる確率をアップする方法とは
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?

■「きっぷ」おすすめ記事
青春18きっぷ「一回分残し」で売るとお得な理由
青空フリーパスはとにかく広いフリーエリア
北海道フリーパスなら特急列車全制覇も達成可能
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

■「リリイベ」おすすめ記事
アイドル無料イベント「リリイベ」が初心者向き

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事