ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通系ICカードの「利用回数割引」ってなんだ?

数ある交通系ICカードのなかで、JR西日本と近鉄が発行する「ICOCA(イコカ)」と、関西地区を中心とした私鉄各社が発行する「PiTaPa(ピタパ)」には、他のカードと違う特徴があります。それは、ICOCAやPiTaPaには利用方法により回数券と同様のサービスを受ける「利用回数割引」があるのです。詳しく見ていきましょう。


交通系ICカードの「利用回数割引」ってなんだ?

利用回数割引は履歴を利用する仕組み

一般的な回数券は、同じ利用区間や料金の乗車券をまとめて購入すると割安になるもの。多くの鉄道・バス会社が発売しています。いまのところ交通系ICカード自体に回数券を搭載する機能がないため、利用するには印刷された回数券を購入するしかありません。

しかし、交通系ICカードには利用履歴を記録する仕組みがあるため、ICOCAとPiTaPaはこれを利用して「利用回数割引」を行っています。同様の割引は、全国相互利用対応のカードに限ると他には、Suica・PASMOがバス限定で行う「バス特」のみで、ICOCA・PiTaPaならではのサービスです。

ICOCAの場合、JR西日本発行のICOCAで同社路線に乗車すると、1か月間の利用回数が11回以上を超えた分の運賃について「ICOCAポイント」として10%還元されます。ICOCAポイントは、自動券売機でチャージ金額へ充当して利用可能です。

PiTaPaの利用回数割引は、各鉄道・バス会社路線の1か月間の利用回数が一定回数を超えると、それ以降の運賃自体が割引になります。利用回数は鉄道・バス会社ごとに別々にカウントされ、阪急電鉄に6回・阪神電鉄に5回乗車したので合計11回とはなりません。

利用回数割引は区間を決める必要なし

また、利用回数や割引率についても鉄道・バス会社ごとに設定されており、例えば阪急電鉄は11回~30回が10%割引で31回目以降は15%割引、南海電鉄では11回目以降が10%割引です。JR西日本についても、PiTaPa利用の場合はポイント還元ではなく11回目以降が10%割引です。

回数券とICOCA・PiTaPaの利用回数割引を比較した場合、回数券は11枚綴りで10枚分の料金が一般的で、割引率を計算すると約9.1%です。一方、利用回数割引は回数券と違い利用区間を決める必要ありません。

交通系ICカードの利用回数割引は、同じ会社の路線を繰り返し利用すれば割引対象になるのがメリット。例えば、四日市市内に住み津へも松阪へも近鉄を利用するという人であれば、両方への乗車回数がまとめてカウントされるため便利です。

なお、近鉄についてはICOCAとPiTaPaの両方を発行していますが、ICOCAの方には利用回数割引が適用されません。そこで、なるべく現金チャージで利用したいという人以外は、ICOCAではなくPiTaPaを選んだ方がお得でしょう。

■「交通系ICカード」おすすめ記事
バス利用で勝手にポイント還元「バス特」とは?
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?

■「交通」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
アイドルファンによる新幹線キセルの手口とは?
電車事故で安全なのはパンタグラフが付いた車両
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事