ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaを使って新幹線へ半額以下で乗車する方法

JR西日本でも「新幹線eチケット」のサービスが始まったことにより、九州以外の新幹線はすべて、紙のチケットなしで交通系ICカードだけでも乗車できるようになりました。さらに、早めの予約に新幹線eチケットを使うことで、対象路線の料金が半額以上割引になるサービスもあるのです。Suicaを使って新幹線へ半額以下で乗る方法を見ていきましょう。


Suicaを使って新幹線へ半額以下で乗車する方法

Suicaを新幹線eチケットに登録する

JR東日本のWeb予約サイト「えきねっと」では、早期予約をすることで東北・上越・秋田・山形・北陸・北海道の各新幹線が割引となるさまざまなサービスを提供中。なかでも、Suicaなどの交通系ICカードを登録して利用する「お先にトクだ値スペシャル」は、割引率が約50%とおトクな設定となっています。

お先にトクだ値スペシャルは、新幹線だけでなく在来線にも幅広く設定されていて、在来線の場合には紙の乗車券・特急券を発券して利用。しかし、新幹線については乗車券・特急券を交通系ICカード向けの「新幹線eチケット」で受け取るため、申し込む際に全国相互利用対応の交通系ICカードを登録する必要があります。

新幹線のお先にトクだ値スペシャルの予約は、乗車20日前の午前1時40分までに行う必要がありますが、料金は閑散期の50%となるため、割引率が50%以上になることもあるのです。例えば、東京駅~新青森駅の場合、繁忙期に新幹線へ乗車すると片道1万7880円ですが、お先にトクだ値スペシャルの料金は8730円となります。

お先にトクだ値スペシャルは期間限定

また、お先にトクだ値スペシャルはすべての新幹線駅に設定されているわけではなく、利用区間も限定されています。東京駅発着の東北新幹線を例にすれば、小山・宇都宮・白石蔵王・古川・水沢江刺・北上・新花巻駅へは、お先にトクだ値スペシャルの設定はありません。

さらに、お先にトクだ値スペシャルには区間ごとに利用可能な新幹線のタイプも指定されています。北陸新幹線の場合、東京駅~長野駅のお先にトクだ値スペシャルはあさま利用のみ。東北新幹線であれば、東京駅~仙台駅はやぶさ・やまびこ限定で、はやぶさに併結されるはやての座席は利用できません。

なお、お先にトクだ値スペシャルは期間限定のサービスとなっており、北陸・上越新幹線は2021年3月31日乗車分、その他の各新幹線は2021年9月30日乗車分までとなっています。また、東北・秋田・山形・北海道新幹線については2月13日に発生した地震の影響で、3月13日以降の予約受付を中止しているため注意が必要です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事