ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LEDライトにエネループを使うときは注意が必要

LEDライトには、単1~単4形アルカリ乾電池の他に、CR123Aなどのリチウム電池、CR123Aを2本直列に並べた18650型、専用充電池が使われます。ただし、LEDライトの特性に合った電池を使用しないと、故障や発火の原因になることもあるのです。LEDライトの電源の違いを見ていきます。


スポンサーリンク
LEDライトにエネループを使うときは注意が必要

LEDライトが短寿命になる可能性も

アルカリ乾電池は安価で入手が容易ですが、電圧が1.5VとLEDライトには非力。気温が低いと著しく性能が低下し、寒冷地には向きません。一方、リチウム乾電池は高価ですが、小型でも定格3V。外気温に左右されず、自然放電しないのが強みです。

繰り返し充電に強いリチウムイオン充電池は、スマホやノートPCなどにも使われて高性能。ただし、使い方を間違えると発火の恐れもあります。規定以上の電圧でLEDライトが一発で壊れたり短寿命になる可能性もあるのです。

CR123Aやそれを2本つなげた18650型の充電池は、メーカーによってサイズがまちまち。LEDライトのバッテリースペースに入らないケースもあるので、利用したい場合はお店の方に相談するといいでしょう。

LEDライトとニッケル水素充電池

「エネループ」に代表されるニッケル水素充電池を、LEDライトに利用する人も多いでしょう。高性能で経済的なニッケル水素充電池ですが、ハイルーメンなLEDライトでの使用は控えるべきかもしれません。

汎用のニッケル水素充電池を使って1,000ルーメンなどの超強力な明かりのLEDライトで急激な放電を行うと、過放電により電池からガスが噴出。脆弱なスイッチ部分からガスが漏れたという事例も報告されています。

さほど明るくないLEDライトなら問題ないかもしれませんが、使用禁止の記載がないか取扱説明書をよく確認しておきたいところです。

■「LEDライト」おすすめ記事
LEDとは?特性を知ってLEDライトはセレクトする
ルーメンとは?LEDライトの明るさを理解しよう
LEDライトにエネループを使うときは注意が必要
LEDライトは信頼できるブランドにこだわるべし
LEDライトは中華メーカーが個性的でおもしろい
LEDライトおすすめは5千円以下なら閃シリーズ
LEDライトおすすめ価格帯はホットな1万円以下
LEDライト最強!1km先を照らす遠方照射モデル

■「エネループ」おすすめ記事
ニッケル水素電池は安定度ならエネループ!
エネループ充電器が使える「Amaloop」が優秀!

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事