ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

T-4が5機で描く星マークは超広角でも収まらない

世界にはさまざまなアクロバットフライトチームがありますが、ブルーインパルスの特徴は“描きもの”が得意だということ。「バーティカルキューピッド」とともに会場が盛り上がるのが、第1区分の中では最後の描きものになる「スタークロス」です。



スポンサーリンク
T-4が5機で描く星マークは超広角でも収まらない

T-4が5機で描く星マーク

スタークロスのために会場後方からデルタ隊形で進入してきた5機のT-4は、正面でスモークを出しながら急上昇。上空で5方向に花が開いたような航跡を残します。

正直、会場は「これだけ?」みたいな空気になります。しかしその後、スプリットエスを行って高度を下げ、再びスモークオン。5機のT-4が角度を変えた直線を描き、星マークが完成すると会場から歓声が上がります。

スタークロスは星はかなり大きく、15mm程度の超広角レンズでも収まならいほどの大迫力。画角が180°ある魚眼レンズが欲しくなるほど大きいのです。

T-4が背面飛行のまますれ違う

今にもぶつかりそうに見えた「オポジットコンティニュアスロール」で、ヒヤヒヤした気持ちを忘れた頃に、再びヒヤヒヤさせられる課目が「タッククロス1」です。この課目のヒヤヒヤポイントは2つあります。

会場正面から進入した5・6番機のT-4がスモークを出しつつ背面飛行。会場に近づいてきたところでクロスターンを行います。これが第1のヒヤヒヤポイント。左右に抜けた両機は宙返りを行い、再び会場正面へと戻ってきます。

そして、背面飛行のままT-4が高速ですれ違うのです。これが第2のヒヤヒヤポイント。どちらもキレイに撮りたいと思ったら、会場中央付近に陣取るのがオススメです。撮影のチャンスが2回あることを忘れず、気を抜かずにカメラを向けましょう。(文/名須川優 写真/星智徳)

■「T-4」おすすめ記事
芦屋航空祭はT-4の見事な大編隊飛行が見どころ
T-4ブルーインパルスの悪天候時の撮影術とは?

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスのスケジュールをチェックする
ブルーインパルスの編隊長の無線は絶叫系が多い
航空祭でブルーインパルスの交信を受信する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事