ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

航空祭で見られる「ブルーインパルスJr.」とは

航空祭の目玉といえば、航空自衛隊が上空を通過する展示飛行。中でも、アクロバット飛行専門の飛行チーム「ブルーインパルス」はどこの航空祭でも大人気です。そんな航空祭でも、松島基地航空祭で見られるというのが「ブルーインパルスJr.」による展示。ブルーインパルスJr.について、詳しく見ていきましょう。


航空祭で見られる「ブルーインパルスJr.」とは

ブルーインパルスJr.は整備士クルー

基地を開放する航空祭の開催目的は、地域の住民に自衛隊の活動を理解してもらうことです。そのような背景もあり、航空祭の会場では、音楽演奏会など各種イベントや地域に根差した展示などが行われます。

その中で最も有名なのが、「ブルーインパルスJr.」のアクロバット走行です。これは宮城県松島基地所属のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」の、整備クルーのクラブ活動として行われています。

3輪スクーターにブルーインパルスを模した外装を付けた6台が、アクロバット走行する「展示走行」です。一糸乱れぬ編隊走行に加え、本家をパロディにした課目を披露します。松島基地航空祭2019は8月25日に開催予定です。

ブルーインパルスJr.は改造スクーター

ブルーインパルスJr.は、ホンダの3輪スクーター「ジャイロキャノピー」の改造車で編成されています。なお、アクロバット走行は、編隊長から無線による指示で動いており、周波数は非公開なのですが、422MHz帯の特定小電力無線を使っていることは判明しています。

ブルーインパルスJr.の人気が広まり、他の基地でも所属機を模した改造スクーターによる展示走行チームが結成されています。異端なのは、島根県高尾山分屯基地の「高尾山レッドクラブ」です。

この基地は航空機が配備されていないレーダーサイトなので、自転車によるアクロバット走行になっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事