ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤キップと青キップの違いを知らないと損をする

スピード違反などで、赤キップや青キップという言葉を耳にしたことがあるはず。じつは赤キップの正式名称は「交通反則告知票」、青キップは「交通反則告知書」のことです。似ているようでまったく違う、知らないと損をする赤キップと青キップの違いについて見ていきましょう。



スポンサーリンク
赤キップと青キップの違いを知らないと損をする

青キップは反則金を払えば済む

交通違反をすると反則金や罰金とは別に、違反に応じた行政処分が下されます。その時に付けられる点数が一定以上累積すると、免許停止や免許取消などになるというわけ。交通違反によって違反点数は違います。

例えば、一般道でのスピード違反なら速度超過が25km以上30km未満なら3点、それが30km以上50km未満の速度超過になると6点となるのです。また、酒気帯び運転なら13点以上、酒酔い運転なら35点となります。

こうした交通違反の中でも、軽微なものを「反則行為」と呼びます。反則行為は一定期間中に反則金を払えば処分は済みます。このとき渡される「交通反則告知書」が青キップ。文字どおり、青い用紙に印刷されています。

赤キップは6点以上の重い違反

そして、一般道で時速30km以上の速度超過などの重い違反には「交通反則告知票」が渡されるのです。これが赤い用紙に印刷されている赤キップ。反則行為に収まらない6点以上の重い違反に渡されるのが赤キップです。

赤キップを受け取ると交通裁判所に呼び出され、裁判を行うことになります。すなわち青キップと違って赤キップの場合は、反則行為ではなく刑事罰として前科が付くということなのです。

そして、違反による累積点数と3年以内の前歴によって免許停止日数など行政処分の内容が決まります。最後の違反から1年間を無事故・無違反で過ごせば累積点数はゼロにリセットされますが、免許取消になった前歴は残る仕組みです。

■「赤キップと青キップ」おすすめ記事
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?

■「交通違反」おすすめ記事
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
交通違反で白バイ隊員に狙われやすい信号とは?
交通違反の取り締まりが月末に多い理由はノルマ
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
交通違反見逃しは素直にサインさせるテクニック
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止違反は苦手!?注意だけの警察官が増加中
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事