ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反の件数「第2位は速度違反」で第1位は?

あおり運転の積極的な摘発など重点的な取り締まり対象はありますが、そもそも警察が取り締まる交通違反にはどんなものが多いのでしょう。主な道路交通法違反の取り締まり状況がわかるのが『警察白書』です。最新の2019年版の警察白書で交通違反の取り締まり件数について詳しく見ていきましょう。


交通違反の件数「第2位は速度違反」で第1位は?

交通違反の取り締まり件数は減少傾向

警察による道路交通法違反の取り締まり件数は、2018年は598万5802件でした。5年前にあたる2013年の744万2124件と比べると、交通違反の件数自体は減少傾向にあります。さっそく取り締まり件数の多い交通違反を見ていきましょう。

交通違反の取り締まり件数第5位は「座席ベルト装着義務違反等」で79万2704件です。中でも注意したいのが後部座席のシートベルト着用義務違反。「後部座席のシートベルトは高速道路だけ」と誤解している人も多くいますが、2008年から後部座席も一般道であってもシートベルト着用が義務化されています。

交通違反の取り締まり件数第4位は「携帯電話使用等違反」で84万2199件です。いわゆる運転中の「ながらスマホ」になります。運転中に携帯電話などを使用しなければいけない時は、必ず安全な場所に停車してから使用しましょう。

交通違反の取り締まり件数第3位は119万40件の「駐停車違反」です。駐停車違反の件数は、放置違反金納付命令件数を含んだ数字になります。交通違反の取り締まりとしては21万7454件と報告されているので、その差分である97万2586件が放置違反金納付命令の件数と考えてよいでしょう。

交通違反取り締まり1位は一時停止違反

交通違反の取り締まり件数第2位は「最高速度違反」で、件数は123万7730件。いわゆるスピード違反です。スピード違反は、2017年は取り締まり件数ナンバーワンでしたが、2013年の205万2719件と比べて減少傾向の交通違反です。

そして、スピード違反に代わって交通違反の取り締まり件数第1位となったのが「一時不停止」の129万3673件。いわゆる一時停止違反になります。一時停止違反は2013年の121万4738件と比べると増加傾向にあります。注意したい交通違反といえるでしょう。

とはいえ、一時不停止の交通違反は2017年の132万7461件と比べると減少。スピード違反も一時停止違反も2017年より減少したにもかかわらず、減少幅の差で一時停止違反が取り締まり件数第1位となったわけです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事