ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する

最近、ものすごい勢いで増えているVRコンテンツ。とはいえ、数千円を支払ってVRゴーグルを買うのも勇気がいるところです。そこで、おすすめはVRゴーグルを自作すること。VRゴーグルは、理論さえ分かっていれば市販品を買わずに自作できます。格安でVRゴーグルを手に入れる方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する

VRゴーグルは自作するのがおすすめ

VRゴーグルは、100円ショップで買える3倍ルーペのレンズを使って、気軽に自作するのがおすすめ。ボディはフィギュアケースを使います。レンズを貼り付けて、スマホスタンドを固定すれば完成。総額わずか600円で話題のVRが体験できるのです。

まずはルーペを分解し、内蔵されているレンズを2つ取り出します。自分の目に両レンズの距離を合わせフィギュアケースにセット。成人男性だと中心点から7cm程度です。位置を決めたらケースに穴を開けてレンズをセロテープで仮止めします。

次はケース内部に、スマホを固定するスマホスタンドの取り付け作業。スマホの固定位置はレンズから6cmがちょうどいいでしょう。そして、没入感をアップさせるためヘッドバンドを取り付け。また、ヘッドホンのケーブルが通る穴も開けます。

自作VRゴーグルは機能に大差なし

最後にVRゴーグル全体を黒いテープで遮光して完成です。VR映像は周りが暗い方が見えやすいので、光が入らないようていねいにテープを貼りましょう。仮止めしていたレンズやヘッドバンドも、ビニールテープでしっかりと固定します。

自作とはいえ、3千円程度のスマホを装着するタイプの市販のVRゴーグルと構造は同じ。機能には大差はありません。VRコンテンツを手軽に楽しむのにおすすめです。

なお、Googleが販売している「Google Cardboard」は、段ボールでできた簡易的なVRゴーグル。千円台でVRゴーグルを買うことができます。さらに、GoogleのWebサイトでは設計図を公開しているので、仕様書をWebサイトからダウンロードして印刷して段ボールなどで型を取れば、自作することも可能です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事