ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ハードオフの買取で覚えておきたい得するテク

必要なくなったテレビ、PC、家電などを粗大ゴミとして出すとお金がかかってしまいます。が、そんな品物を買い取ってくれたり、中古品として安く販売しているのが「HARD-OFF(ハードオフ)」です。ハードオフの買取で得するテクニックを紹介しましょう。



スポンサーリンク
ハードオフの買取で覚えておきたいテク

ハードオフ買取は1か月前の季節モノ

ジャンクから新品同様の家電まで幅広い品を品揃えのハードオフ。中には、お宝といえるようなアイテムが格安で売られていることもあります。さっそくハードオフの有効な売買方法を紹介して、あなたのお財布に毎月、諭吉が1枚以上増えるお手伝いをしましょう。

ハードオフの買取テクニックの基本は、季節モノ家電をシーズン1か月前に売る…というもの。6月は扇風機、10月は暖房器具、3月は引越しによる家電全般などです。

翌月に利用されることが想定される商品は、高く買い取ってくれやすいのです。逆に、買う時はシーズンを外した時期だと安く購入できます。

ハードオフの買取は季節モノ家電が狙い

ハードオフ買取は大量持ち込みNG

また、ハードオフの買取してもらう前には「Webサイトで相場を調べる」ことが大切。中古相場を知っていると、購買時の値下げ交渉が有利になります。

買取は「キレイにしてから持っていく」ことも忘れてはいけません。商品の外装状態が査定の重要なポイント。ボディは無水エタノールなどで磨いておきましょう。

ハードオフの買取は「大量持ち込みNG!小分けが正解!!」です。大量に持ち込むと店員の査定が粗くなり、金額に反映されないこともあります。小分けにして持ち込む作戦で適正査定をしてもらいましょう。

ハードオフで購入して買取してもらう

ハードオフの買取だけでなく、ハードオフで買うという選択肢もあります。ハードオフで購入して、他店やネットを利用して買取してもらうのです。

例えば、東京・秋葉原のゲーム専門店では7,000円前後で売られている無傷の中古ファミコン本体が、地方のハードオフでは2,000円前後とか。この販売価格の差を買取に活用するわけです。

またレトロゲーム機のコントローラーは使用頻度が高く、劣化してないものは貴重です。現在、世界各国のゲーマーたちが日本のレトロゲーム機を欲しているため、eBayなどで海外ユーザー向けに出品すると高額な取引きが見込まれます。この情報は『ラジオライフ』2014年12月号に掲載されていました。

ハードオフは買取のほか購入も狙い目

■「ハードオフ買取」おすすめ記事
ハードオフ買取の必須アイテムが無水エタノール

■「買取」おすすめ記事
古本市場の買取は金額ダントツNo.1だった!
家電買取のプロが不用品をお金にするテクニック

■「中古品」おすすめ記事
ヤフオク!は便利アプリを活用して賢く売買する
ヤフオク!アプリで出品して不用品を現金化
ヤフオク!の自動入札ソフトなら「BidMachine」
宅配便の送料20%オフ!オークションゆうパック

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事