ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

闇市化するAmazon「裏コマンド検索」で絞り込む

悪徳業者が幅を利かせるのが今のAmazon。「ベストセラー」を装ったり、最新製品を騙ったりとやりたい放題で、安心して買い物できません。Amazon側がきちんと対策してくれればいいのですが、駆逐するのは無理な気も…。そこで、裏コマンド検索を活用して、自分自身で悪質業者の商品を回避しましょう。


闇市化するAmazon「裏コマンド検索」で絞り込む

Amazonで裏コマンドを追加して検索

Amazonで商品を探そうとしても、どこのメーカーかも分からずに「2019年最新版」をうたうヘッドセットなど、見るからに怪し過ぎるアイテムが次々と出てきます。説明文の日本語がおかしいこともしばしばです。

実際、Amazonの本から「ラジオ」で検索すると、スポンサー表示であるラジオ機器が先頭に表示されます。そこで、「&sort=salesrank」の裏コマンドを追加して検索すると、公式「ベストセラー」表示の付いた書籍が表示されました。

Amazonでは検索結果URLの末尾に特定の裏コマンドを追加すると、表示される商品を絞り込めます。例えば、インチキベストセラーを除去するには、「&sort=salesrank」を追加。これで本当のベストセラー順に表示が変わります。

Amazonでのイチオシ裏コマンド検索

Amazonでのイチオシ裏コマンドはマーケットプレイス出品を非表示にする「&emi=AN1VRQENFRJN5」。Amazonからの公式出品のみの表示となり、偽物・送料サギがまずなくなるでしょう。

裏コマンドは「&sort=popularity-rank」が人気の高い順に並び替え、「&sort=salesrank」が売上の良い順に並び替え、「&sort=-salesrank」が売り上げの悪い順に並び替え、「&sort=review-rank」がレビューが良い順に並べ替えで「&sort=-review-rank」がレビューの悪い順に並び替えです。

さらに「&pct-off=50-」が50%以上安い品を表示、「&pct-off=-50」50%以上安い品を除外して表示、「&pct-off=50-90」が50~90%安い品を表示、「&high-price=2000」が2,000円以下の商品だけ表示となります。

このほかの裏コマンドには「&low-price=100 &high-price=2000」なら100円から2,000円の商品のみを表示、「&sort=-price」が価格の高い順に並び替え、「&sort=price」が価格の安い順に並び替え、「&sort=releasedate」が発売日の新しい順に並べ替えです。

■「隠しコマンド」おすすめ記事
iPhoneとAndroidのテストモード隠しコマンド
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneのウラ技でアンテナ表示を数字に切り替え
ウォシュレットの賢い使い方!管理者設定モード
公衆トイレのウォシュレット設定モードの使い方
エアコンの故障診断モードに入るコマンドとは?
Googleの裏技を使って個人情報は引き出される
Googleの隠し機能でブラウジングが快適になる
トヨタ純正ナビの隠しコマンドでサービスモード
Facebookで「非公開」の写真を見る方法とは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事