ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

違法動画の監視システムすり抜けに使われる手口

YouTubeでは違法動画の監視システムである著作権管理ツール「Content ID」が稼働中。違法にアップロードされた動画を常に監視しています。とはいえ、YouTubeではいまだに違法動画を見かけることもしばしば。監視システムをすり抜ける手法が編み出され、今日も違法動画がアップされ続けているのです。


違法動画の監視システムすり抜けに使われる手口

Content ID回避にワイプ風に加工する

Content ID回避に使われる手口に「ワイプ風の加工を施す」があります。動画の一部に別窓を設け、その中に別の映像を入れる方法です。削除逃れの定番ともいえる手法で、このワイプ加工を施すことでContent IDのチェックを回避できるといわれています。

「簡単にYouTubeで稼ぐ!」などと、うたっている情報商材でも紹介されている手口がこれ。「PowerDirector」などの動画編集ソフトを使えば、確かに誰でも簡単に作成できます。

中には、4画面を3分割した上に、ロゴなども加えた手の込んだ手法も見かけます。もちろん、いくら加工しても著作権法には抵触しているため権利者が申請すれば削除されます。

Content ID回避に再生速度を変える

Content ID回避に使われる手口に「番組を切り貼りして独自編集」があります。動画の前後に別の映像を加えたり、オリジナル映像そのものに簡単な加工を施したりすることで、Content IDに別の動画だと誤認させるのもよくある手です。

定番なのが番組の最後に再び同じ番組を結合するもので、これは「AviUtl」などの動画編集ソフトを使えば、無料でできてしまいます。また、あえてオリジナルの映像の一部を拡大したカットを一定間隔で挿し込み、違う番組に偽装するのもよく使われる方法です。

Content ID回避に使われる手口に「再生速度を変える」もあります。映像や音声を2倍のスピードにしたり、逆に速度を落とすのもContent ID対策です。


Content ID回避に音声データをいじる

人気アーティストのライブ映像や音楽番組、ラジオ番組の音声動画などでよく用いられる手法で、速度を変えることで同一ファイルとして認識されなくなるといいます。

実際、2019年に放送された某音楽番組の動画も0.5倍速加工で公開されていました。それでは視聴が困難と思いきや、YouTubeのプレーヤーには再生速度を変更する機能があります。ここで0.25~2倍に調整すればよいというわけです。

Content ID回避に使われる手口に「音声データをいじる」もあります。番組の音声データに細工を施すことで、Content IDの監視を回避する方法です。

わざと雑音を加えたり、映像と音声を少しだけズラしたりする手法で、これもAviUtlなどの動画編集ソフトにて容易に行えます。また、動画の一部分だけをわざと無音化しているケースもあるようです。

■「違法」おすすめ記事
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは

■「動画」おすすめ記事
中国No.1アクセスを誇る動画サイトの魅力とは
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
動画配信サービスの無料トライアル期間まとめ
海外動画サイトの視聴エリア制限を突破する方法
YouTube動画をソフトを使わずにダウンロード
動画配信サービス無料期間は無限に繰り返せる?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事