ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

インスタグラム乗っ取りを防ぐセキュリティ設定

「インスタ映え」というワードが流行語になるほど、リア充や有名人が利用している写真共有SNSが「インスタグラム」です。日々意識の高い写真がアップされています。とはいえ、インスタグラムのアカウントは乗っ取りに遭う危険もあります。インスタグラム乗っ取りを防ぐセキュリティ設定を確認しておきましょう。


インスタグラム乗っ取りを防ぐセキュリティ設定

インスタグラム乗っ取りを防ぐ設定

「インスタグラム(Instagram)」は、2014年に日本語版がリリースされ、着実にユーザーを増やしている写真共有SNSです。現在はPCからの利用にも対応。ただし、投稿やダイレクトメッセージなどの機能が制限されるので、フル機能を使うならスマホ版が基本です。

インスタグラムに登録したら、インスタ乗っ取りを防ぐために、まずはアカウントの非公開化と二段階認証の設定をしておきましょう。

まずインスタグラムで非公開アカウントにして公開範囲を制限するセキュリティ設定は、「プロフィール」→「設定」→「プライバシー設定」を選択。「アカウントのプライバシー設定」を開き、「非公開アカウント」を有効にします。

インスタグラム乗っ取りを防ぐ認証

続いて、二段階認証でインスタグラムのアカウント乗っ取りを防ぐ方法は、「プロフィール」→「設定」を開き、「セキュリティ」→「二段階認証」を選択。二段階認証の方法を選んで有効にするのです。

なお、インスタグラムのタイムラインに表示される広告は、完全に消すことはできません。しかし、こまめに非表示設定をしていくことで、同じ広告の表示件数を減らせます。

広告が表示されたら「…」ボタンをタップして、メニューを開きます。メニューから「この広告を非表示にする」を選択すると、その広告は2度と表示されなくなるのです。

■「インスタ」おすすめ記事
インスタストーリーを足跡つけないでスマホ閲覧
インスタグラム乗っ取りを防ぐセキュリティ設定

■「ダウンロード」おすすめ記事
違法ダウンロードで逮捕されないための基礎知識
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
お気に入りYouTube動画をダウンロードする方法

■「スマホ」おすすめ記事
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事