ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Windowsセキュリティ機能を万全にする追加設定

Windows10は標準セキュリティソフトとして「Windows Defender」を搭載。このWindows標準セキュリティソフトは非常に優秀で、長らく定番だったウイルス対策ソフトはもう不要です。とはいえ油断は禁物。Windows Defenderで追加で設定しておきたい機能を紹介しましょう。


Windowsセキュリティ機能を万全にする追加設定

Windowsセキュリティソフトに追加設定

Windows10標準セキュリティソフト「Windows Defender」は安全なファイルをウイルスと誤検出して、勝手にブロックすることがあります。これは、誤検出されるファイルを除外設定することで防ぐことが可能。複数ファイルが誤検出される場合は、ファイルを同一フォルダにまとめ、フォルダを除外設定すると楽です。

Windowsセキュリティソフトを万全にする追加設定は、まずWindows Defenderの「ウイルスと脅威の防止」→「ウイルスと脅威の防止の設定」を開きます。除外の項目で、「除外の追加または削除」をクリック。「除外の追加」で誤検出されるファイルか、ファイルが保存されているフォルダを登録します。

除外リストの中に、自分で指定したファイルやフォルダが登録されたことを確認。これで登録したファイルが、ブロックされず利用できるようになります。これでウイルスの誤検出をクリアです。

Windowsセキュリティソフトの補助用

基本的にWindowsのセキュリティソフトはWindows Defenderで十分ですが、中には検出されない巧妙なマルウェアも存在しています。マルウェアとはウイルスやスパイウェアなどを含めた、不正なプログラムの総称です。

そこでWindows標準セキュリティソフトの補助用に、検出力の高い「Malwarebytes」を追加で導入しておくと安心です。Malwarebytesは検出力の高さが特徴で、無料版でもマルウェアのスキャンと駆除ができます。

Malwarebytesをインストールしたら起動して「スキャンの開始」からPC内をスキャン。見つかったら、駆除するものを選んで「選択の隔離」をクリックします。これでWindows Defenderでは検出されなかったマルウェアを駆除できるのです。

■「Windows10」おすすめ記事
Windows10が初期化状態になる隠しモードとは?
サポート期限が迫るウィンドウズ7から10へ更新
キーロガーにWindows10対応ソフトウェア型登場
動画を合法で保存できるWindows10の「神」機能
Windows10のログイン画面をスキップする方法
最新Windows10は市販セキュリティソフト不要

■「セキュリティ」おすすめ記事
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事