ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

地震発生に備えるならプロが厳選「防災セット」

防災グッズの注目度は上がっているものの、質が伴っていないものも多いのも事実です。日々進化する防災グッズの中で、本当に使えるモノをピックアップするのは難しいもの。そんな時は、危機管理のプロである防災士が監修した「防災セット」で、厳選されたアイテムを一気に揃えてしまいましょう。


スポンサーリンク
地震発生に備えてプロが厳選した「防災セット」

防災セットの重さを軽減する設計

防災士監修による防災セットが「防災セットSHELTER Cタイプ」。26リットルの大容量バッグの中には、ラジオライトや各種非常食といった、あらゆる事態を想定した“使えるアイテム”が詰められており、被災時に当面の生活をサポートしてくれます。実勢価格は9,800円です。

1つ1つにアイテムがコンパクトにまとめられており、衣類などセット以外の物の収納も可能。大容量サイズの割に軽量で、機能性に優れている点も特長です。カラーは全5色が用意されています。

リュックは肩ベルトが広めに設計されており、長時間背負っていても痛くなりにくい仕組み。防災セットの重さを軽減してくれます。容量も十分な余裕があり、アイテムを追加できるのも魅力です。

防災セットのダイナモライトで充電

防災セットに組み込まれているダイナモライトは、手回し発電でスマホの充電が可能。モバイルバッテリーの変わりになるので、停電時などいざという時に役立ちます。ラジオも受信可能です。

このほかの防災セットは、7年保存レスキューライス(白米・わかめご飯・五目ご飯)/保存水(3本)/野菜ジュース/ウォーターバッグ6L/トイレONE3枚入り/簡易救急セット/レインコート/マスク/軍手/蓄光ホイッスルとなります。

さらに、エアーマットAIR GOLON/目かくしポンチョ/レスキュー寝袋/ハイブリッドレスキューシート/ライスクッキー/大人の体拭き/携帯せんたくパック/防滴ダイヤルランタン/単3形乾電池(テスト用)というのがセット内容です。

■「防災グッズ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり
防災グッズのリストに入れるたいブレスレットとは
防毒マスクはレスキューグッズとして常備すべし
防塵マスクにシールドが煙もシャットアウトする
クリアケースが強度抜群のヘルメットに早変わり

■「災害」おすすめ記事
自衛隊の災害派遣の多くの占めるのは陸上自衛隊
89式装甲戦闘車が御嶽山に災害派遣された理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事