ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クルマ盗難「リレーアタック」仕組みと対策は?

クルマ盗難の手口「リレーアタック」で、自宅敷地内に止めていた高級車レクサスのドアロックが解除されたというニュースが話題になっています。リレーアタックは常に微弱電波を出しているスマートキーを狙った盗難手口です。リレーアタックの仕組みとその対策について見ていきましょう。


スポンサーリンク
クルマ盗難「リレーアタック」仕組みと対策は?

リレーアタックで車が誤判断する

今のクルマは、車両に近づいたりドアノブに触れるだけでドアロックを操作したり、ボタンを押すだけでエンジンスタートできる「スマートキー」が主流です。

スマートキーは車両に搭載されているコンピュータと無線で通信して、正規のキーが近くにあるかどうかを判断。キーから車両へは315MHz帯、車両からキーへは125/134kHz帯の電波を使用しています。ただし、スマートキーの信号は暗号化されているため、解読したりコピーするのは困難です。

そこで考案されたクルマ盗難手口が「リレーアタック」です。まず、実行犯Aが車両から離れた正規ユーザーに接近。携行するスマートキーの電波を特殊デバイスを使って別の周波数に変換。増幅して車両の近くにいる実行犯Bに送信します。

受信した電波は元の周波数に変換され、対象車は正規のスマートキーが近くにあると誤判断。ドアを開けたりエンジンをかけたりできるようになってしまうのです。

リレーアタック対策は電波の遮断

すなわち、電波を「中継=リレー」して「犯行=アタック」に及ぶというわけ。電波を別の周波数に変換するのは、そのままだと増幅した電波を自分がまた増幅…いわゆる発振してしまうのを避けるためです。デバイスの入手が容易な140~150MHz帯か、400~500MHz帯に変換されると推察されます。

ただし、スマートキー自体が無いので、一度エンジンを止めたら再スタートは不可。犯人のアジトまで移動したら、コンピュータごと交換するのでしょう。

リレーアタック対策としては、クルマから離れたらスマートキーの電池を抜けばOKです。ただし、それは面倒なので、市販のスマホ用電波遮断ポーチなどに入れるのが現実的でしょう。中には、電波が発信されなくなる節電モードを搭載しているスマートキーも存在。この節電モードもリレーアタック対策になります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事