ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器の周波数が「UHF帯の3波」になった理由

他人のプライバシーを電波に乗せて赤裸々に暴く盗聴器。1980年代に工業製品として盗聴器が大量生産され始めると、VHF帯の周波数が使われるようになりました。しかし、1990年代に転換期を向かえて周波数はUHF帯にシフト。そして現在まで、UHF帯の周波数が脈々と使い続けられています。


スポンサーリンク
盗聴器の周波数が「UHF帯の3波」になった理由

盗聴器の周波数はバラバラだった

室内で交わされた会話を盗み聞く盗聴器。危険で怪しげな機器ですが、単なる電波の発信機に過ぎません。マイクが拾った音を、電波に乗せて建物の外へと運び、盗聴者はそれをキャッチして聞いているのです。

盗聴器が使われ始めたころは、探偵が作った自作品がほとんどで、使われる電波の周波数もバラバラ。ところが工業製品として大量生産されるようになると、特定の周波数が使われるようになっていったのです。

1980年代は発信機として扱いやすいVHF帯の周波数を使っていました。しかし、VHF帯の業務無線が増えてくると周囲の強い電波による抑圧を受けるようになり、クリアな音で受信するのが難しくなってきたのです。

盗聴器の周波数がUHF帯にシフト

1990年代になると盗聴波の周波数は、周囲の電波による抑圧を避けるために電波が空いているUHF帯へとシフト。これが「UHF帯の3波」と呼ばれるもので、周波数は398.605MHz/399.030MHz/399.455MHzです。

元々はとあるメーカーが、3つの周波数を使った盗聴器と専用の受信機を製造しました。すると他のメーカーもこれに追従。すぐに盗聴器の周波数のスタンダードになり、AchからCchまでのチャンネル呼称まで付けられたのです。

現在、VHF帯の盗聴器は販売されていないので、盗聴波に使われるのはすべてUHF帯といっても過言ではありません。この3つの周波数をスキャンすることが盗聴波発見の早道といわれるのはこのためです。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見器を使うならまず部屋に音楽を流す
街を飛び交う盗聴器の電波を見つける方法とは?
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事