ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器に「A・B・C」のシールが貼られる理由

家の中で話した内容をなぜあの人が知っているのか…これは映画やドラマの話ではありません。遺産の分配や不倫など、親族間や家族間のトラブルを有利に導くために、盗聴は日常的に行われています。というのも、盗聴器が手軽も購入できるようになったため、家族や親族が仕掛けるケースが増えているからです。


盗聴器に「A・B・C」のシールが貼られる理由

盗聴器にはチャンネル表示が必要

他人のプライバシーを暴く盗聴器の電波はアンダーグラウンドな存在。国内の電波を管理する電波法とは無関係な、割当て周波数など存在しない不法な電波です。しかし、使われやすい周波数があるのも事実なのです。

盗聴器は工業製品。同じ部品を使って作られています。そのため、盗聴波の周波数も数波に限られ、Ach・Bch・Cchというチャンネル呼称が付けられ、盗聴器本体に使用周波数を示すチャンネルのシールが貼られています。

調査のプロにとっては高価な盗聴器も使い捨ての消耗品。回収はしません。ただ、専用の受信機は使い続けるので、受信機のチャンネルと同じ盗聴器を買い足すために、チャンネル表示が必要になったといわれます。

盗聴器はUHF帯の3波をチェック

昨今の探偵は盗聴器以外の方法で情報を収集しています。今、盗聴器を購入していくのは一般人。ネットで得た盗聴の知識で、家庭内のトラブルを解決するために盗聴器を仕掛けているというのです。

このような時代の変化もあり、市販の盗聴器の周波数として使われる頻度が極めて高い「UHF帯の3波」呼ばれる、Ach・Bch・Cchの3波をチェックするのが、盗聴器探しの基本になっています。

具体的には、Ach=398.605MHz・Bch=399.030MHz・Cch=399.455MHzの周波数をセットしてテレビを点けます。受信機のスピーカーからテレビの音が聞こえてこなけば、盗聴器を心配することはないでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事