ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コンクリートマイクの価格による性能の違い

コンクリートマイクは壁に伝わる振動を音に変え、隣室の話し声をキャッチできる調査グッズ。探偵の浮気調査や警察の捜査において有効なアイテムです。製品はピンキリで、10万円ほどの録音機能付きのものから2千円以下で買える中華製の格安品まであります。コンクリートマイクの価格による性能の違いを見ていきます。


コンクリートマイクの価格による性能の違い

格安コンクリートマイクと比較した

今回は、プロの専門業者の間では定番であるサンメカトロニクス製の最高グレード品のコンクリートマイク「FL-1000」の実力をテスト。実勢価格は91,800円です。Amazonで購入した格安コンクリートマイク「The Ear Listens」と比較してみました。実勢価格は1,295円です。

まずは、木造の薄い壁越しでのテストです。FL-1000は「LC」モードで低音をカットして録音しました。するとFL-1000は、隣室のテレビからの音楽番組の音を明瞭にキャッチ。番組の特定も可能なレベルです。

一方、The Ear Listensはサーというノイズが少々気になりましたが、概ね音を拾えています。どちらのコンクリートマイクも、隣室で鳴っている音楽や物音がしっかりと聞こえました。

コンクリートマイクのマンション実験

続いて、コンクリートの壁でコンクリートマイクの性能実験。許可を得て、とあるマンションの隣室の音がどれほど聞こえるのか実験してみます。なお、FL-1000は「HC」モードで高音をカットして録音したものです。FL-1000はコツコツ…と、お皿を重ねている音が明瞭に聞こえました。住人の話し声もかすかに聞こえます。

一方の格安コンクリートマイクのThe Ear Listensは全体的に、ザーザーというノイズしか聞こえませんでした。使い物にならないレベルです。

FL-1000の保存形式はMP3で、記録メディアは内蔵メモリ4GBです。電源は内蔵リチウム電池550mAh。本体のサイズ/重さは64W×111H×24Dmm/176.5gで、コンタクトマイクのサイズ/重さはφ36×29Hmm/136gとなっています。

■「コンクリートマイク」おすすめ記事
コンクリートマイクを実際に壁越しで試してみた
壁越し集音に特化したコンクリートマイクとは?

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
業者向けに作られた「盗聴器発見アプリ」の実力
盗聴器発見器を使うならまず部屋に音楽を流す

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事