ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円前後の王道ネットワークカメラ最新モデル

工事不要ですぐ使えるネットワーク(IP)カメラが、見守り用や防犯用として普及が進んでいます。なかでも売れ筋は1万円前後で購入できるモデルです。お手頃かつ高性能なネットワークカメラは今やさまざまなメーカーから販売されるようになりましたが、その先駆者的な存在が、アイ・オー・データ機器の「Qwatch(クウォッチ)」です。


1万円前後の王道ネットワークカメラ最新モデル

Wi-Fi専用ネットワークカメラの設定

2020年7月発売のアイ・オー・データ機器のネットワークカメラ最新モデルは、Wi-Fi専用でLAN端子が付いていないスリムな設計の「Qwatch TS-NS110W」です。台座はマグネット付きなので、冷蔵庫やスチールラックなどにぴったり貼り付き、高い場所にも簡単に設置できます。

カメラの設定などは無料アプリ「QwatchView」から行う設計です。例えば、画面タッチで動作検知機能の範囲を設定できます。感度としきい値の強度も調整可能です。

さらには、カメラをON/OFFにする曜日や時間を指定可能。「電源を入れ忘れた!」なんて事態を防ぐためにあらかじめ設定しておくと安心です。

ネットワークカメラの撮影レビュー

実際にネットワークカメラで、明るい部屋、薄暗い部屋、暗い部屋で撮影して映像をレビューしました。すると、画面がやや暗めですが、映像の見やすさには響かない程度です。

画角が狭い分、細部の描写が得意で、暗い部屋でも奥に見えるポスターの文字はかなりはっきりと見えていました。また、部屋の光源をオフにした時の、暗視モードへの切り替えがスムーズだったのも高ポイントでしょう。

解像度は1920×1080ドットで、フレームレートは30fpsです。画角は水平が約87度/垂直が約47度、赤外線LEDは3灯。保存形式はJPEG、H.264/MJPEGで、記録媒体はmicroSDカード(最大128GB)、NASとなっています。サイズ/重さは64W×113H×64Dmm/150g。実勢価格は11,100円です。(文/馬塲言葉)

■「赤外線カメラ」おすすめ記事
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

■「暗視カメラ」おすすめ記事
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事