ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

自動車盗難で狙われるプリウスの手口と対策は?

2003年、自動車盗難の認知件数は約64,000件。これをピークに被害は減少していますが、プロの窃盗団は暗躍し続けています。今、一番盗難に遭っているクルマはトヨタ・プリウス。2013年まで7年連続ワースト1位だったトヨタ・ハイエースが2014年からは2位に。3位はトヨタの高級車・ランドクルーザーです。


スポンサーリンク
自動車盗難で狙われるプリウスの手口と対策は?

自動車盗難の新たな手口が広まる

自動車盗難では、いずれも最新型の車種が狙われています。2004年頃から盗難防止で広く導入された、キーとIDを照合させるシステム・イモビライザー付き車両でも盗まれているのはご存知の通りです。

メーカーは新たにスマートキーを導入しましたが「イモビカッター」により多くの車両が盗難されました。その後もメーカーは対策を行いましたが、それでも新しい車種が被害に遭っているのが現状です。

さらに、2014年頃から自動車盗難の新たな手口が広まっています。それが「キープログラマー」。スマートキーを制御するコンピューターを解除してエンジンをスタートさせる装置です。

自動車盗難の代表車種がプリウス

また、スマートキーはクルマから発せられる微弱な電波を受信して送り返すシステムで、キーを持って近づくだけでロックが解錠されます。その電波を増幅して、離れた場所のキーとクルマを照合させて解錠する手口が「リレーアタック」です。

そのような自動車盗難の手口のなか、プリウスは「イモビカッター」や「キープログラマー」によってエンジンを不正に始動されてしまう代表車種です。とはいえ「キープログラマー」の解除には早くても20分程度かかります。

このため、いかに早く異常に気づいて警報を発したり防犯用LEDライトを点滅させるかが、プリウスの自動車盗難の対策のポイントになるでしょう。三角窓を割って車内に侵入する事件が多いので、特に衝撃に対する警報機などが有効です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事