ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車のリモコンキーをコピーできる裏ツールとは?

最近ではもはや当たり前のように搭載されている車のキーレスエントリー。車のリモコンキーは、ディーラーなどの専門店に頼まないと複製できないと思われがちです。しかし、裏ツールを使うといとも簡単にコピーできてしまいます。車のリモコンキーはコピーされる危険性があることを認識しておきましょう。


スポンサーリンク
車のリモコンキーをコピーできる裏ツールとは?

リモコンキーのデュプリケーター

この裏ツールは、リモコンキー(スマートキーは除く)のクローンが作れるデュプリケーターです。リモコンキーのトランスミッタの周波数を、別途用意したブランクキーにコピーできます。中華系の通販サイトで5,000円ほどで入手できました。

本来ならスペアキーを作るのにディーラーなら1万~2万円ほどかかるところ、このデュプリケーターがあれば手軽に複製ができるということ。ただし、現行のスマートキーは非対応で、少し年式の古い車種に限られます。

すなわち、車のリモコンキーは勝手にコピーされる危険性があるのです。コピーするには、元のリモコンキーと同型のブランクのリモコンキーが必要になりますが、オークションサイトなどで500~3,000円程度で入手できます。

ただし、出品されているブランキーの中には、トランスミッタがないものや周波数が書き込み済みのものもあるので、しっかり確認しなければなりません。

リモコンキーにコピーされる危険性

実際に車のリモコンキーをコピーする手順は、コピー元のリモコンキーをデュプリケーター上に置いてリモコンのボタンをプッシュ。すると画面に周波数が表示されます。続いて、コピー先のブランクキーを置いて、対応させたいボタンをプッシュ。これだけでコピーできてしまうのです。

リモコンキーにボタンが2つ以上ある場合は、いったん「CLR」ボタンをプッシュします。これで周波数がクリアできるので、同じ手順でリモコンボタンをコピーしていくというわけです。

デュプリケーターでコピーできるリモコンキーは、イモビ対応のリモコンキーとエンジンスターターが搭載されたリモコンキーになります。スマートキーと周波数が書き込み済みのリモコンキーはコピーできません。

最新の車種はスマートキーがほとんどなのでコピーは不可能。2000年以前の車種はコピーの危険性があります。リモコンキーにはコピーされる危険性があることを認識して、貸し借りには注意を払った方がよいでしょう。

■「リモコンキー」おすすめ記事
車のリモコンキーを1分弱でコピーできる裏ツール
リモコンキーをコピーして車のロックを解除する

■「自動車盗難」おすすめ記事
イモビカッターで狙われるプリウス盗難の手口
車の盗難防止策が100均アイテムで破られる!?
バイク盗難防止グッズを車内設置用にプチ改造
イモビライザーの専用キーは簡単に複製できる!?
ハイエース盗難に使われる手口とその対策とは?

■「カーセキュリティ」おすすめ記事
ナンバープレートの封印がゴムホースで外れる!?
車上荒らしが使うオリジナル解錠ツールを検証

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事